2017/04/13(木)00:09

今日の記事は昼間に行われていたファーム戦の感想が主です。
(今日は2試合分なので、ちょっと長いですm(_ _)m)


まずはじめに1軍の試合
対 DeNA
先発バッテリーは秋山ー梅野

前回好投した秋山ですが
序盤は球が走っていなくてイマイチでした。
そんなイマイチだった最中の失点。
まぁでも野手陣が取り返してくれるだろうと確信していたので
そこまで失点は気にしていませんでした。

投球を続けて行くなかで
やっと球に指がかかって球が走りだしたのが4回
先頭田中の4球目アウトハイに外れたボール球でしたが
ナイスボールだったと思います。

きっちり試合のなかで修正もできて
以降3イニングス三者凡退。
バッテリーで緩急(カーブ)を有効的に使えた事も大きかったと思います。

6回投げ終えて、ちょうど100球
代えてもいいかな?と思いましたが
7回も秋山を行かせました。

首脳陣が秋山に先発としての成長を願っての事だと思います。
先発なら長いイニング(せめて7回)は投げて欲しいし
前回も7回行ったところでつかまりましたが
更に越えて行って欲しいという意図が見えました。

が・・・

やっぱりつかまっちゃいました 柱|ω・)

秋山の今後の課題になるかもですね。。。
7回
100球

そこに到達した時に更なるピッチングができるか?
先発として2試合ともゲームメイクは出来ていますが
そこの壁(課題)を今後の登板で越えて行ってくれるのか
次回以降の登板を楽しみにしたいと思います。


打撃陣と言うか打順で気になったこと。
下位打線の厚みが増してますね。

特に6番鳥谷が相手にとって嫌な打順だと思います。

実は今日の試合で
3度イニングの先頭打者として打席に立っていますが
1度の凡退はあるものの
その後は四球と安打でチャンスメイクしています。

それなら上位打線に…って思うし
ちょっと前は鳥谷と髙山を入れ替えて
1番 上本
2番 鳥谷
・・・
6番 髙山
…なんて思ったりもしましたが
現状は鳥谷に続く北條や梅野が率は低いけど
彼らを導くリードオフマン的な役割を鳥谷がしてくれているのでは?
なんて思ったりもしているので
暫くは、この打順を楽しみたいと思います♪
(※函館にお住まいの師匠からは
  鳥谷と髙山を入れ替えたほうがいいという意見を頂きましたw)


1軍の試合は8−6で勝利\(^o^)/
最後はちょっとヒヤヒヤしたけど
猛攻の後の原口の一発が効いてましたね ̄ー ̄)ニヤリ







さて・・・ファームの試合

対ソフトバンク戦
先発バッテリーは岩田ー小豆畑

3回を投げて6失点してしまった岩田。
厳しい事を言いますが
そういう結果になってしまう内容の投球でした。

投球全体的に高目だったし
若干ノーコン気味。
球にキレがなかったから
打ち頃のストレートを狙い打ちされた印象。

岩田のいい時は
ストレートを低目に集めて
変化球で引っかけさせてゴロでアウトを取る投球。

そんな岩田の良さがほぼ見られない残念な登板でした。

前回登板と内容があまり変わっていない様なので
修正は大変かもしれませんが
また、あの一球入魂している投球が見たい!

今季
甲子園のマウンドで躍動することを願って待ちたいと思います。



4回は2番手の守屋。
回の先頭ムネリンからの二者連続被弾(lll-ω-)ズーン

その後毎回投手を代えていましたが
目を引いたのが
まず安藤。

低目にボールを集め
変化球のキレもまずますでした。
まだ登板回数も少ないので
本調子になるのはこれからですが
それでも1軍のブルペンが苦しくなった時に
必ずや助けてくれる
そんな希望を持てた「がーさすベテランの投球」でした。

あともう一人目を引いた投手。
竹安です。
昨季ルーキーイヤーで同期の中で唯一1軍出場がなかった選手。

今日の投球は
低目にストレートを集められていたし、変化球もまた然り。
だからこそゾーン内の抜け球でもカウントを稼げたのだと思います。

このままいい状態を保って
今季は初の1軍登板が見れることを期待したいと思います。
ナイスピッチングでした!


あとスタメンマスクから試合最後まで捕手は小豆畑でした。
解説でしきりに「課題は打撃」と言っていましたが
その前に守備の課題が盛りだくさんです(^_^;)

ホームに還って来た走者を
アウトのタイミングで捕球してもアウトに出来なかった。
コリジョンにより捕手の位置取りが追いタッチになる不利な体勢とは言え
それでもあの時の位置取りはもうちょっと詰められたと思います。

あと投手の調子が悪ければそれをそのまま引きずって
助けるようなリードはまだ出来ないし
インコースの使い方もちょっとなぁ。。。(^_^;)

でも、打撃ではタイムリーツーベースヒット!
インストを巧く捌けました!
見てる限りだと全体的には厳しい感じはあるけど
そろそろ1軍に上がってこないとね。。。


打撃陣では
キャンベルが復帰後初の実戦。

第1打席は
インスト2球見逃して
カウント1−2からのボール球(フォーク?)を
ハーフスイングで空振り三振。
キャンプ時同様に球をよく見ようとしていた感がありました。

ただし2打席目は
そのよく観ていたインストを巧く捌いて右翼線安打
アベレージヒッターだから大きいのは求めていないけど
アベレージヒッターだからこその巧さみたいなものを
これからに期待したいかな。


キャンプで素晴らしいバッティングをしていた板山でしたが…
見逃し三振とかもあり
考え過ぎてバットが出て来ていない印象を受けました。
キャンプの時はもっと積極的にバットを振れていたのに。。。(T_T)


一日で1軍と2軍の試合を観ましたが
1軍ではカウントを取りに来た甘い球は逃さない(安打に出来なくてもファウル)、
ファームではファーストストライクを取りに来た好球を見逃す場面が多かったし
相手バッテリーが自分(打者)に対して
どういう攻め方をして来るのかを客観的に読む力がまだまだなのかなぁ?
…なんていうふうに思いました。


シーズンはまだ始まったばかりで役者は揃っていません ̄ー ̄)ニヤリ
1軍が苦しくなった時にファームから救世主登場( ̄^ ̄)ゞ
そういう楽しみもあります♪




明日のDeNA戦の先発は藤浪。
個人的にはカットボールが三振を奪える球に修正できているかが気になるので
そこに注目したいと思いますが
なんにせよ、、、
思いっきり腕振って渾身のストレートを投げて欲しいです!






ポチして頂けると一気にヤル気スイッチがONになりますのでwww、
読んで良かったと思われる方はポチお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村
2017/04/07(金)00:57

4月6日 対ヤクルト戦
先発バッテリーはメッセンジャー/梅野

今日のメッセ
初回から制球に苦しんでいましたね(>_<)
特に悪かったのがストレート。
四球も出してしまい
その分球数もかさんでしまいましたが
そんな悪いなかでも自身を助けたのがカーブでした。

2回はそのカーブを狙われて2本の安打がありましたが
この回はスライダーがいい働きをしていました。


そのメッセンジャーのスライダーですが
昨季までと球質(球筋)が変わりましたね。

「バックドア」
「左打者のインコース」
「カットボール」

スライダーの中でも上記3種類を投げ分けている様ですが
昨季までの投球で見た事がなかった球筋が
カットボール…の様なスライダー。

球速は他のスライダーと同じかちょっとだけ速い程度
でも球の変化がいつものスライダーよりも
曲がりが少ない球を投げていました。

カットボールと呼んでいいのか?
球種は本人が言った球種が正解らしいので
メッセ本人がスライダーと言うなら
これもスライダーなんでしょう(^_^;)


話を試合に戻しますが…
メッセが降板する6回途中まで
結局ストレートの制球は悪いままで
試合のなかで修正することが出来ませんでした。

それでもなんとか2失点で抑えられたのは
緩急をつけたカーブ
使い分けたスライダー
落差があって空振りを奪えるSFF
それらの変化球の精度が良かったからだと思います。

2回にカーブを打たれてから暫くカーブを使うのを避けていましたが
それをやってしまうと攻めの一手が一つ減ってしまうわけで。。。

打たれたからこそ
その球を使う勇気を梅野にも持って欲しいなぁ。
岡﨑はそれ、やってましたよ ̄ー ̄)ニヤリ

そんな避けてきたカーブを再び巧く使って
打者の裏をかいたのが5回畠山の打席。

いつもの小汚いアレ、どうぞ(^_^;)

(球種:SL=スライダー、C=カーブ、st=ストレート
    カウント:S.k=空振り、F=ファウル)

s_20170406_5.jpg


1、2球ともにスライダーが外れてボール
3球目にカーブでしたが
畠山の3球目の読みと狙いがストレートで
裏をつかれた感じの見逃し方に見えました。
ストレート待ちとバッテリーが読んだところで
4球目もカーブで抜いて空振り( *´艸`)ムププ
6球目のストレートを打ちに行きましたがライトフライ。
このストレート…梅野はアウトローに構えていたのですが
高目に抜けちゃってるんですよね。。。

今日は終始不満顔のメッセでした(−_−;)


メッセの後を継いだのがワンポイントで高橋
からの…
昨日好投した桑原が今日も登板。
3連投ですね(^_^;)

今日は昨日とは違って
対山田の打席はスライダー中心。
ストレートに力があるんだから使って欲しいなぁと思っていたら
スライダーを痛打され同点にされてしまいました。

その後雄平をストレートで三球三振にしているし
ストレートに力があるんだから
まずはストレートで押して欲しかったなぁ。。。


試合は9回までで決着つかず延長戦突入。

10回と11回でイニング跨ぎした球児。
本当は10回裏で決めて
イニング跨ぎは避けたかったところですが
今日当たっていた下位打線から一発があるバレンティンまで
本当によく抑えてくれました!

そのなかでも10回の原口の好プレーは大きかったと思います。


中押しや
昨日の様にダメ押しも取れずに
初回の4点だけで終始厳しい展開の試合でしたが
最後に原口がサヨナラ弾で決めてくれました\(^o^)/

捕手からコンバートされて悔しい想いもあるだろうけど
それよりも今はファーストというポジションに向き合い
自分の役割をちゃんと理解、努力をして
守備でも打撃でもしっかり結果を残してくれています。


カード勝ち越しで
明日からは我が家の甲子園で讀賣戦。
週末のカードは仕事の都合で一切観れなくなりますが(T_T)
ホームで選手達が躍動する事と
讀賣の独走しそうな勢いを止める試合
それに期待したいと思います。






ポチして頂けると一気にヤル気スイッチがONになりますのでwww、
読んで良かったと思われる方はポチお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村
2017/04/06(木)12:19

4月5日 対ヤクルト戦
先発バッテリーは秋山ー梅野

昨季の終盤から好調を維持していた秋山

キャンプのブルペンで投球を観た時も
いい球投げているなぁと一番目を引かれたし
オープン戦でも結果を残して開幕ローテ入り!

秋山を不安視する声をよく見かけましたが
私は全く不安に思っていませんでした。
だって、球質…特にストレートが以前に比べて
格段に良くなっていたから。

初回はカットボールが抜け気味だったのが気になりましたが
ストレートのキレが良く2奪三振もあって
三者凡退の上々の立ち上がり。

3回にピンチになりますが
落ち着いた投球で無失点!

4回は山田にインローのカーブを二塁打にされましたが
あれは打った山田がさすがです(^_^;)
続くバレンティンの連打で1点を失いますが
後続を断って最少失点で凌ぎました。

快投を続けていたなかで私が一番テンション上がったのが
5回大引の打席。

では、小汚いアレどうぞ(^_^;)

(球種:St=ストレート、FK=フォーク、C=カーブ、
    Cut=カットボール
 カウント:S.k=空振り、S.m=見逃し)

s_20170405_4.jpg


ストレートでズバッとコースを突いて見逃し三振もいいのですが
それよりも緩急の緩の球で見逃し三振だと
打者の意表をついた感が満載でテンション上がりますw

しかも見逃し三振にとった5球目のカーブは
アウトローいっぱいのところに入れてコースも突いているので
なおさらテンション上がって
近所迷惑になりそうなくらい騒いでしまいましたwww
ご近所さん、ごめんなさいm(_ _)m


いい投球をしていると
やっぱり守備のリズムもよくなって好プレーが出易いですよね。
内野陣もそうだし
6回の雄平の打席で
山田を刺した梅野の二塁送球(盗塁阻止)も
フォークでワンバンからの送球でしたが
ストライク送球でお見事でした!


7回にもマウンドに上がった秋山でしたが
球威が落ちているように見えました。
スタミナ切れ??

先頭の雄平に左安打と続く畠山に四球を出してしまい
92球で降板となりましたが
秋山本人も自信になるような…そんな好投だったと思います。

ただひとつ残念だったのは
秋山に勝ちをつけてあげたかったーーー(T_T)

そういう想いが首脳陣にもあったからこその
6回の原口のバントだったと思います。
ここまでゲッツーでチャンスを潰していたので
なんとか勝ち越しの1点を取りたい…
そういう想いで正攻法を選択しましたが
個人的には消極的な策に見えてしまいました。

どんな時でも積極的に行くのが
金本監督の信条じゃなかったでしたっけ?

3バントを選択しましたが
バントをするにしてもバスターしてみるとか
ちょっとした奇策が欲しいなぁと思ってしまいました。


話を守備に戻しますが・・・
秋山の後を継いでマウンドに上がった桑原
オールストレートの力勝負でしたが
そのストレートは球威があって素晴らしい球でした♡

ランナーを背負った状態で登板し
ピンチを迎えましたが見事な火消し!

そんないいリズムで迎えた7回裏

(球種:st=ストレート、タテSL=縦スライダー、FK=フォーク、
    ヌケ=抜け球、カケ=引っ掛けた球
 カウント:F=ファウル、S.k=空振り)

s_20170405_6.jpg



先頭の梅野がナイスバッティングでした!
アウトローのフォークをファウルで粘って
最後は巧く拾って中安打。
昨季まではアウトローの変化球にバットが空を切っていましたが
こういうところにも打撃の成長を感じます♪

俊介のバントは
3バント失敗に終わりましたが
ヤクルトバッテリーの攻め方が巧かったです(小声)

上本が粘って四球を取った後の糸井

やっぱり打球がえげつないwww

もう…ほんと…糸井様々ですm(_ _)m



投手戦で中継ぎ勝負になりましたが
秋山・桑原の好投のおかげの勝利。
先発に勝ちをつけられなかったけど
ちゃんと先発が試合を作って勝てた、
そんなお手本になるような試合でした。






ポチして頂けると一気にヤル気スイッチがONになりますのでwww、
読んで良かったと思われる方はポチお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村
2017/04/05(水)02:14

4月4日 対ヤクルト戦
先発バッテリーは藤浪ー梅野
京セラドームでの準ホーム開幕戦です。

先発バッテリーについては後で書くとして・・・


まずはヤクルト先発のブキャナンについて
新助っ人なので、いわゆる初物
私はノーデータだったので
お絵描きしながらデータ取りました( ̄^ ̄)ゞ

持ち球は
ストレート 145km/h前後
ツーシーム 145km/h前後
カットボール 140〜145kmくらい
チェンジアップ 130km/h前後
ナックルカーブ 125km/h前後

他にシンカーもあるような事を解説で聞きましたが
それらしき球は見当たりませんでした。

ストレート系(フォーシーム、ツーシーム)と
ほぼ同等の球速のカットボールを投げて
手元で球を動かす投手。
これ、、、阪神の打撃陣が苦手なパターンだと思います(小声)。

緩急をつける為にチェンジアップやナックルカーブを要所で使い、
特に試合前半の対左打者には外のチェンジアップが有効的だったし
中盤〜後半では手元で微妙に動いていると思われるナックルカーブも有効的でした。

初物で苦手タイプの投手が来て凡打の山でしたね〜(−_−;)
印象としてはフライアウトのほうが多かった様に思うので
「捉えた!」と思っても微妙に芯を外されていたのだと思います。

あーーー、厄介www

チーム唯一の得点は糸井のホームラン(ソロ)のみ。
高目に浮いたチェンジアップで
いわゆる甘く入ったブキャナンの失投を捉えた結果でした。
それにしても・・・打球がえげつないったらありゃしないwww
失投を逃さず捉える糸井の打撃
お見事でした\(^o^)/


凡打を築く打撃陣のなかでも気を吐いたのが
鳥谷と北條。

開幕から無安打だった北條ですが
2回の1打席目で左安打。
やっと1本が出て本人もホッとしたのではないでしょうか。

その後の打席でも
2ストライクに追い込まれても何かやってくれそう ̄ー ̄)ニヤリ
そんな北條らしい雰囲気が出ていました。
9回の打席でもカウント2−2からの5球目を左安打。
得点には結びつかなかったけど
今日イチの北條らしさが出た打席でした♪


そして鳥谷。
開幕カードでは連日のマルチ安打+四球1つ。
そして今日は4の3で猛打賞!

毎年打撃に関してはスロースターターと言われていた鳥谷ですが
「打」に重きを置いたチームのなかで
まずはちゃんと打撃で結果を残して自分のポジションを死守せねば…
そんな覚悟が見えてくる気がします。

必死さを表に出すことはないけど
結果で示している
それが鳥谷の全て(答え)なのではと思います。

急造サードで気の毒ではありますが
今日は2度の三併殺打。

今年、鳥谷をキーマンに挙げる人が多いし
私もその一人です。

以前も書きましたが
鳥谷の「復活」ではなく
鳥谷が鳥谷らしくプレーできたら
必然的に結果を残せる選手だと思うし
そうなったらこのチームはもっと強くなれる…

今季福留がキャプテンを「預かっている」意味が
そこにあるのだと思います。



今日はブキャナンを攻略出来ずに終わりましたが
次回対戦までにはデータがもうちょい出る筈なので
チームがどうやって攻略するのか
次回対戦を楽しみにしたいと思います(^-^)/♪




さてさて問題?の阪神先発バッテリー 柱|ω・)
藤浪ー梅野です。

藤浪と言えば荒れ球=四死球
もうすっかり定着のイメージですが
そういうイメージ(投球)があったからこそ
WBCで代表に選ばれても登板機会を貰えなかったわけですよ。

その悔しさがあるなら
今季四死球を減らして行って(多少の荒れ球はOK)
いい意味で、さぶイボが立つ(痺れる)ようなw
ビシッと抑える投球をして行って欲しいと思って迎えた今日の試合でした。

ですが・・・

初回からスライダー(カットボール)が抜けまくりΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
ストレートもシュート回転。。。

ほな…いつもの小汚いやつ、どうぞ(^_^;)

(球種:st=ストレート、SL=スライダー、Cut=カットボール
    2=ツーシーム、ヌケ=抜け球、カケ=引っかけた球
    stシュート=シュート回転
 カウント:F=ファウル、s.k=空振り)

s_20170404_1.jpg



先頭大引を四球
続く坂口は三併殺打
せっかく2アウト取ったのに
3番山田は7球目で四球
4番バレンティンも6球目で四球
・・・で雄平タイムリーで先制点献上。。。

ここでちょっとした疑問

ほぼストレート系(フォーシーム、ツーシーム)と
スライダー系(スライダー、カットボール)で
この回頑張ってますが
なんで他の球種(カーブ・フォーク)の可能性を探ろうとしなかったんでしょ??

バッテリーで
ストレート系とスライダー系で組み立てて行きたかったから
それを調整する為にその球種を引っ張ってしまったんですかね〜?

ちょっと話逸れるかもですが・・・
WBC球を投げていた時の藤浪のスライダー系の球筋は
NPB球の球筋(昨季終盤)とは違うものでした。

WBC球での球筋は緩急を付ける為に有効だと思った球筋でしたが
本来NPB球でスライダー系…
特にカットボールを投げた時の球筋は三振を奪える球筋だった筈。

球が抜けまくっていたのもありますが
今日は本来の球が投げれていなかったんですよね。。。

でもようやく
『藤浪のカットボール』が投げれた!と思ったのが
4回大引の2球目

s_20170404_4.jpg


あ、あくまで個人的な意見です(^_^;)
お絵描きにも「☆この球!!」って思わず書きましたw

その後立ち直って・・・じゃないな…
本来(ええ時)の藤浪が戻って来てくれるかと思いきや
・・・

なんか・・・
気付いたら・・・
乱闘騒ぎで
バレンティンと矢野コーチが退場になって
警告試合Σ(゜д゜lll)

頭の中でみのもんたさんが乱闘を実況していましたwww
こういう場面は良からぬ事ですが
久しぶりにこういう熱い場面が観れるのも乙なものです。
ずずずずー(←お茶をすする音)www


結局藤浪は
5回 117球 5安打 9四死球 2失点
意外と失点少ない(小声)

今日の投球を観て思いましたが
WBC球とNPB球の狭間で
微妙な狂いが生じているのかも?

藤浪の代名詞
荒れ球
カットボール
ストレート

因みに荒れ球と言われてボールになっていたやつ…
ほぼツーシームと
ストレートのシュート回転したやつ。
ん??一緒なのか?www

NPB球のほうが投げ易いとは言え
今季の自分の投球の「感じ」をまだ掴みきれていない・・・
そんなふうに思いました。


2番手の遼馬と
3番手の球児
圧巻でしたね!!

そうそう…
調子のいい投手はリード出来る梅野ですが
やっぱり調子悪い投手の時に
助け舟が出せない。。。(lll-ω-)ズーン
ま、、、これは経験積むしかないと思います。

あと、、、
初回に話を戻しますが
坂口をゲッツーにした後に哲人に四球出した時点で
マウンドに誰か声を掛けに行って欲しかったなぁ。
こういう時に西岡が居れば。。。

バレンティンに四球出した後に
マウンド集合していますが
その一手前で切り替えるポイントが欲しかった。。。


終盤に追い上げムードはあったものの
あと一歩及ばず3−1で敗戦(T_T)

個人的には悲観するような敗戦ではなかったです。
藤浪の課題も見えたし
敗戦の中でも光るプレーはありました。

開幕ダッシュで取り残されるのは嫌だけど
チーム再構築の2年目で
昨季出始めた芽を大事に育てて行く年です。

あたたかい目で見守りましょう(^-^)/

明日の先発は秋山。
生命線は低目の制球です!
そこに注目して明日の試合を楽しみにしたいと思います♪






ポチして頂けると一気にヤル気スイッチがONになりますのでwww、
読んで良かったと思われる方はポチお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村
2017/04/02(日)01:41

4月1日 対広島戦。
また今日も試合は観れなくて
試合途中に一球速報の観戦。

仕事の都合上
来月頭まで毎週末は仕事で試合を観れないので
記事を書いても
「ちょっとした感想程度」になることをお許しくださいm(_ _)m

・・・で
愛用しているスポナビの一球速報で
試合中盤だけチラ見出来たのですが
それまでの経過の四球の数と
観ていた間での四球の数で
ぶっちゃけ試合になっていないと思ってしまいました。

あの一球速報だけの画面でも
面白い試合は惹き込まれてしまう事がありますが
今日ははっきり言って観る気が失せてしまったくらい
酷いと思ってしまいました。

実際に現地で観戦された方や中継を視聴していた方は
それ以上に感じるものはあったと思います。

延長での四球は記録にカウントされないそうなので
四死球のワーストタイの試合になってしまったようですね。
両軍合わせて(阪神13、広島13)の26四死球。

お話になりませぬwww

あ、そう言えば4月1日はエイプリルフール!
きっとジョーク込みの試合だったんだ〜( *´艸`)ムププ
(・・・なわけないwww)


昨日今日と原因は異なるかもしれませんが
スコアだけ観ていると
神宮でのヤクルト戦にありがちな
ノーガードの撃ち合いみたいな乱打戦w

本来ズムスタって
乱打戦になるような球場ではないと思うのですが…。

球審のゾーン判定の問題?
マウンドの問題?

いずれにせよ
ワースト記録に並んでしまうような状態は
何かしら問題があると思います。

明日も荒れた試合内容になってしまうのか?
とりあえず
落ち着いた内容の試合(スコア)を期待したいですね(^_^;)

失策については
無いに越した事はないのですが
暫くは既定路線と捉えて目を瞑ろうかと思いますε=┏(; ̄▽ ̄)┛

荒れた内容の開幕カードですが
勝ち越して
ホーム開幕を迎えられればと思います。






ポチして頂けると一気にヤル気スイッチがONになりますのでwww、
読んで良かったと思われる方はポチお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村









プロフィール

渡辺翔子

Author:渡辺翔子
2010年に西宮にちょろっと住んでしまったが為に洗脳されw、
虎キチの仲間入りをしましたwww
最初は外野でワイワイやってるのが楽しかったのですが、
「野球(配球)が分かったら、もっと楽しめる筈」と思い、
日々勉強中。
野球経験が無いですが、バッティングセンターにも通って代打で出場する事を夢見るアホですwww

無償の愛で阪神タイガース応援中。
『脳内虎パラダイス♡』

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

Before  | とらみくすTOPへ |  Next
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX