--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/04/08(水)00:53

今日は久しぶりに頭からリアルタイムで観れたので
配球お絵描きしました。
やっぱり流し見している時よりか
お絵描きしているほうが
見えてくるもの(情報)が凄い多いです。

まず…和田監督へ。
ごめんなさいm(_ _)m
先日の記事で仕掛ける場面が減っていると書きましたが、
そりゃそうですよね。
だって仕掛ける云々の前に打てないんだもんwww

今の阪神の打順(打線)はチェッカー打線とでも言いますか…。
まぁ、市松打線でもいいですwww
チェッカーフラッグみたいに有色・無色・有色・無色・・・
つまりは打てる(出塁出来る)打者の後に
打てない打者が居るという、
線にならず点線状態です。

そんな状態だから仕掛ける以前の問題なわけです。
だからと言って打順をいじればいいとかではなくて、
まずは個々の状態を上げて行って貰うしかないと思います。

3回にマートンが井納の6球目(フォーク)を中安打。
うぉっΣ(・ω・ノ)ノ!…と思いました。
マートンに穴が無い時にああいう打球を打つので
それをキッカケにして欲しいと以降の打席を注視したのですが
いずれも凡退・・・(lll-ω-)ズーン

ゴメスも崩されてる感があります(T_T)

フラッグに有色が無くなって行けば…
当然白旗です。。。


今日のDeNA先発は井納。
黒羽根とのバッテリーでした。
これも先日の記事で書いた事ですが、
昨季井納先発の時は
高城がスタメンマスクをかぶる事が多かった様ですが
今日のスタメンマスクは黒羽根。
どうやら今季DeNAの正捕手筆頭候補は黒羽根の様です。

井納のスライダーに翻弄された感がありましたが
その中でも鳥谷には投げ辛そうでした。
6回まで投げた井納。
対鳥谷に対して
四球・中安打・中フライ・四球
いずれも最後の球はストレート。
スライダーも投げてはいるのですが
鳥谷が見極める事を見越してなのか
他の打者より少ない気がします。

井納の決め球であるスライダーやフォークを
いかに投げさせないかは
鳥谷の打席にヒントがあるような気がしました。


さて・・・
対するDeNAはちゃんと打順が点ではなく線になっていました。
個々の状態が良いというのもあると思いますが、
ファーストストライクから振って来る
ファウルで粘って球数を投げさせる…
それぞれが『あっさり』終わらせない感じでした。

でも!です。
配球お絵描きを全打席見直してみると
梅野がストライクゾーンをうまく使いこなせていないというか
偏った感じが見えてくるのです。
全体的にあまり攻める事が出来ていない様に思います。
それが中継ぎ以降が取られたダメ押し点だったり。

・・・という状況を巨人に例えたら、
阿部が再びマスクを被るという選択肢。
ダメな事が分かったらそれを続けず
目先の勝ちに拘り捕手育成を後回しにした巨人。

状況はちょっと違うにせよ、
80周年だからと目先の事に拘る選択をしないで欲しいと思います。
時間はかかるけど梅野を起用し続けないと
悪の歴史wは繰り返されるだけなので(^_^;)


4カード目。
初戦を落として
ここまで5勝5敗。
先発が試合を作れない事もあり
打撃で個々の調子も上がって来ないんじゃ
こんなもんですね。。。

…とは言え、
一試合に例えるなら
まだ打者は一巡していないところ。
次カードの広島戦を終えてからがどうなって行くのか?

とりあえず明日勝たないと
3カード連続負け越し決定になるので
岩本の好投と打線の奮起に期待・・・・・

…ていうか
そろそろ勝ちなさいよ!(ノ`□´)ノ⌒┻━┻






ポチして頂けると一気にヤル気スイッチがONになりますのでwww、
読んで良かったと思われる方はポチお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村
プロフィール

渡辺翔子

Author:渡辺翔子
2010年に西宮にちょろっと住んでしまったが為に洗脳されw、
虎キチの仲間入りをしましたwww
最初は外野でワイワイやってるのが楽しかったのですが、
「野球(配球)が分かったら、もっと楽しめる筈」と思い、
日々勉強中。
野球経験が無いですが、バッティングセンターにも通って代打で出場する事を夢見るアホですwww

無償の愛で阪神タイガース応援中。
『脳内虎パラダイス♡』

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

 | とらみくすTOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。