--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/05/17(水)04:09

5月16日 対中日@甲子園

秋山の事を書く前に
まずは野手陣の攻撃から・・・

中日先発バッテリーは鈴木ー木下

右腕鈴木に対して
ありったけの左を並べたスタメンになりましたw

1髙山(左)
2大和(遊)
3糸井(中)
4福留(右)
5中谷(一)
6鳥谷(三)
7糸原(二)
8梅野(捕)
9秋山(投)

大和はスイッチなので
純粋に右打者は中谷と梅野だけですね。

鈴木の初回ですが
バッテリーで
低目に投げようとしている意図は感じたのですが
ストレートはシュート回転して
高目に抜ける球が目立ちました。
立ち上がりはよろしくなかったですね。

それだけでも
左打者を並べた甲斐があったと思いました。

四球やエラーが絡んでランナー出すものの2アウトになり
迎えた打者は中谷

ここで
いつもの小汚いやつどうぞ(^_^;)

s_20170516_1.jpg


初球スライダーは好球だと思っただけに
見逃しはもったいないなかったです。
4球目の高目ストレート
HRキタ━(゚∀゚)━!!という当たりでしたが
惜しくもファウル。

さて次の5球目どうする?
4球目は高目を振ってきたし
ここまで鈴木のフォークはそこそこ良かったので
セオリー通り次は球を落とせば振っちゃうでしょ…(空振り三振)
というわけで5球目の配球予想はフォーク。
(※配球予想は敵味方関係なく
 打者を打ち取る為の次の球を予想しています。)
⑤の左側に書いた『↓』は落とす球=フォーク予想です。

でも、、、
そのフォーク、、、
高目に浮きましたwww

コースと球筋から観て
最初はスライダーだと思ったのですが
浮いちゃったフォークでしたねw

失投を逃さず
打ち直しでもスタンドに放り込んだ中谷。
3ランで先制\(^o^)/

この先制点の取り方
大きかったと思います。

首位に立ってはいますが
ここまでの中日との戦いは50/50で
唯一勝ち越せていないチーム

そのチームに対して
投手の立ち上がりを攻めた
ホームランによる先制点
しかも3ラン( *´艸`)ムププ

試合の主導権を握る…とまではいかないけど
流れを引き寄せられた先制点だったと思います。


2回の鈴木はストレートは高目に抜けてはいたものの
ストライクゾーン内に収まる抜け球で
それとフォークのキレも相まって
三者三振Σ(・ω・ノ)ノ

以降無失点に抑えていた鈴木でしたが
5回2アウトを取ってから
福留・中谷に二者連続四球を与えて
105球で降板。。。


代わってマウンドに上がったのは
アラウホ

ん?
アラウホ???
どちら様でしょ?(小声)w

はじめまして(^_^;)
…なんですかね?
左腕で
スライダーとチェンジアップが持ち球にあるようです。

対鳥谷の打席での投球を見たら
メッセの投球の様な
角度がある球を投げるな〜…なんて思っていたのですが
フルカウントから見極めて四球

続く糸原

ストライク先行されてからファウルで粘り
6球目・・・・
アウトコースちょい低目の球でしたが
走者一掃の左二塁打(3点追加)

打率は低いけど
勝負強さは
えげつないですねヾ(0д0‖)ノ
広島戦で大逆転の時もそうでした。

ルーキーだし
守備でもまだ足りないところはあるのですが
ここ一番という時に何かやってくれそう ̄ー ̄)ニヤリ
そんな期待さえしてしまう選手です。

五分の戦いをしてきた中日に対して
この5回の中押しでほぼ勝負はついたと思います。

6回糸井の2ランはさすがの当たりでしたが
今日はオマケ的な感じになってしまいました(小声)w


打撃陣ですが…
ボールの見極めと
追い込まれてからは粘るバッティングが出来ていて、
見極めて粘って捥ぎ取った四球は
相手投手に重くのしかかり、
相手投手が苦しくなったところで
ストライクを取りに来た球や失投を逃さずに
得点に繋げる事が出来ていると思います。

相手チームにしてみれば
嫌(いや)〜な攻撃ですよねw




さて・・・
阪神の先発バッテリーは秋山ー梅野

結果から言えば
9回を130球で完投
被安打6 奪三振12 与四球(死球)1 失点1

12奪三振のうち
ストレートで奪った三振は11でした!

空振り三振が6
見逃し三振が5
その他にカットボール空振り三振1

ただ・・・
今日の序盤は良くなかったですね(−_−;)

もしかしたら
今季ここまでの登板での立ち上がりで
一番良くなかったかもしれないです。

初回、2回共に
ストレートを中心に組み立てていたのですが
四死球の数が極端に少ない秋山が
2回ゲレーロに初球ストレートで死球を与えてしまった後は
一時的にカットボール中心(対右打者)になりました。

s_20170516_2.jpg


ここまで極端にカットボール主体で攻めたのは
今日はこの時の木下・鈴木の2打席だけでした。
下位打線とは言え
ここで無理して死球になったストレートを投げて
痛打あるいは痛手を負うよりも
右打者に対しては逃げて行く球であるカットボールで
なんとか凌げたら…
そんなふうに見えました。


5回は2アウトから
京田の二塁打
荒木のタイムリーで1失点しましたが
失点はこれだけ。

その後も
ストレートでの奪三振ショー( *´艸`)ムププ

空振り三振した場面では
振り遅れている打者が目立ちましたね。
いわゆる着払いってやつw
球威の賜物です。
打者は球速以上に速く感じているのだと思います。

見逃し三振の場面では
厳しいコースにきっちり決めています( ̄^ ̄)ゞ

今季秋山が好調なのは
このストレートの制球と球威があるからだと思います。
それを存分に発揮した投球でした!

今日のストレートは140キロ前後
今季ここまでと比べたら
今日はそこまで球速は出ていなかったと思います。
球速だけで言うわけではないですが
今季ここまでのいつもの秋山の投球ではなくて、
先にも書きましたが凌ぎながら
中盤以降は修正出来て行った印象を受けました。

8回表を投げ終えて121球。
完投出来るかもしれない…と思ったその裏、
先頭打者として打席に立ちました。

もう、、、、
そこから、、、
号泣(T_T)

9回表
先頭ビシエドは右フライ(フェンスギリ)
続く平田が中安打

ヒヤヒヤしていたところで
ゲレーロは初球のカットボールを強振
左翼フェンスギリのところで
髙山がまさかの好捕w
すぐさま内野に返球された球を
大和が華麗に中継しファーストへ。
離塁していた平田がアウトになりゲッツーで
とらほー\(^o^)/


あ、、、大和ですけど、、、
遡って盗塁の場面もだけど
サラッとしたプレイのなかでも
高難易度の技を凝縮している大和が凄過ぎて
審判も追いつけなかった模様(^_^;)
(あれ、セーフじゃない?)


とらほー\(^o^)/って書きましたけど
リアルタイムでは
めっちゃ号泣していました(T_T)

なんか・・・
秋山の投球を観ては
なんだかんだで毎週泣いています(^_^;)

好投を続けていても
打線の援護に恵まれずに勝ちが付かなかった時は
悔し泣き。。。(>_<)

先週と今日は嬉し泣き(T_T)

秋山の全てを観てきたわけではないけど
苦悩してきたところは見てきたし
それでも「いつかは…」って期待していたからこそ
こんなにも毎週泣けちゃうんだろうなぁ。。。

ヒーローインタビューでは
「まだまだファンの皆さんには信用してもらってないので…」
って言ってたけど、
その投球に魅せられて信じているファンは
たくさんいると思いますよ。


試合は8−1で勝利!

広島戦の大逆転劇みたいな試合ではなかったけど
個人的にはそれと同等くらいに
感動した試合になりました♡






ポチして頂けると一気にヤル気スイッチがONになりますのでwww、
読んで良かったと思われる方はポチお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村
プロフィール

渡辺翔子

Author:渡辺翔子
2010年に西宮にちょろっと住んでしまったが為に洗脳されw、
虎キチの仲間入りをしましたwww
最初は外野でワイワイやってるのが楽しかったのですが、
「野球(配球)が分かったら、もっと楽しめる筈」と思い、
日々勉強中。
野球経験が無いですが、バッティングセンターにも通って代打で出場する事を夢見るアホですwww

無償の愛で阪神タイガース応援中。
『脳内虎パラダイス♡』

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

 | とらみくすTOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。