2016/02/22(月)00:23

今日は1、2軍共に試合が行われ、
それぞれの試合で目を引いた投手をタイトルにしてみました。


まず1軍は対ヤクルト、オープン戦初戦。
ヤクルトのスタメンが割と
ガチメンバーだったのがビックリしましたΣ(・ω・ノ)ノ

先発は岩崎。
4イニングス投げてなんとか無失点で終わりましたが、
はっきり言って良くなかったなぁ。。。
本来の岩崎はあんなもんじゃあない!
制球や変化球のキレがイマイチでした。
ただ今までと違ってイニングを投げて行くうちに
良くなって行った気がするので
出来れば5回以降も観てみたかったです。

2番手で3イニングス投げたのが秋山。
惚れ惚れしてしまいました(*´ω`*)♡
まず何がいいって低目の制球。
ほぼこれに尽きるんですが
変化球の精度も良かったですね。

ただ、、、秋山の事を書いていてデジャブな感じがしたので
去年の今頃書いたブログを漁ってみたら
やっぱり好投していて(対サムスン戦)
タイトルに秋山拓巳と付けていましたwww

今年はイケるかなぁ?
球速はこれからもうちょっと上がるだろうし
今日の変化球はカットとカーブが中心だったので
他の変化球も見てみたいです。
開幕が近づくにつれて登板機会は減ってくるとは思いますが
このまま結果を残して行けば
5、6番手のローテ争いに食い込めそうな気がしました。

野手で気になったのが横田と北條。
横田、、、着実に結果を残して行っていますね(^-^)/♪
毎打席が崖っぷちという気持ちからなのか
積極的にバットを振っているのが見ていて分かります。

北條は
春季キャンプが始まって見た選手の中で
1年前に比べて
飛躍的に守備が上手くなったと思ったのですが、
今日はつまらないミスをしてしまいました(−_−;)
あそこのマウンドに下柳さんが立っていたら
確実に激怒りしてグラブ投げてますよwww

あと8回の走塁。
相手のエラーで出塁して次打者上本の内野安打で
2塁から3塁を蹴ってホームに向かったのですが
自ら足を止めて3塁に戻ってしまいました。
その後3塁上で高代コーチにも「行けよ!」と言われていましたが
あれはアウトになろうともトライするべき!
あのまま走ってアウトになったとしても
あとで「ああやればセーフに出来たかもしれない」と
考えることが出来るし
微妙なタイミングでセーフに出来たら
それを自信に出来るかもしれない。
それが出来るのが今の時期なのだから。
全てを分かった上で高代コーチは青信号にした筈。

失敗は多いに結構。
これを糧(課題)に更に上を目指して行って欲しいです。


さて、2軍の試合です。
青柳、、、えぇですわ〜(*´ω`*)♡
今日2軍で投げたなかでは一番良かったと思います。
初回、先頭打者と次打者にも
フルカウントから連続四球を与えてしまいましたが、
その後3番は6-4-3でゲッツー
4番は空振り三振!
2回は1奪三振を含む三者凡退でした。

ストレートが141k前後
スライダーが122k前後
球速はそこまで速くはないのですが、
あのストレートは打ち辛そうですね!
鶴岡も巧く緩急を使っていました。
課題を挙げるならば…
もうちょっと制球が良くなれば尚良し。
適度な荒れ球はいいのですが
上(1軍)で投げるならば制球力を高めたいかな(^_^;)
とは言え、
もっと長いイニングを見てみたくなる投球だったし
上でも見てみたいなぁと思いました。
(」°ロ°)」<「早く1軍に上がって来〜い♪」


今日の1軍の試合では
今年の配球書き初めもwしましたが
この時期だと投手も試したい事があるだろうし
勝負に行くというよりかは
抑えに行く配球のほうが多いと思うので
まだあたたかく見守ろうと思います。
・・・というのは言い訳でw
自分の準備がまだ出来ていませんwww
ここからようやく配球キャンプインしますので
暫くは慣らし運転します(^_^;)






ポチして頂けると一気にヤル気スイッチがONになりますのでwww、
読んで良かったと思われる方はポチお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村
プロフィール

渡辺翔子

Author:渡辺翔子
2010年に西宮にちょろっと住んでしまったが為に洗脳されw、
虎キチの仲間入りをしましたwww
最初は外野でワイワイやってるのが楽しかったのですが、
「野球(配球)が分かったら、もっと楽しめる筈」と思い、
日々勉強中。
野球経験が無いですが、バッティングセンターにも通って代打で出場する事を夢見るアホですwww

無償の愛で阪神タイガース応援中。
『脳内虎パラダイス♡』

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

 | とらみくすTOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX