--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/02/15(月)00:18

今日から宜野座にキャンプインしました\(^o^)/

去年のリポートは1日の流れをダラダラと
長文を書いてしまったのでw
今年は気になった事をなるべく完結に書いて行こうと思います。

というわけで・・・
今日行われた紅白戦で気になった事があったので、
それについて書こうと思います。


まず、ドリス。
赤組の4回にマウンドに立ったわけですが、
打者が打席に立つ前の投球練習を見て
「タイミングが合わせ易そうだな」と思ってしまいました。
結果は案の定でした。
球速も出ているし
球質もそんなに悪くないと思うのですが、
投球動作がサラッとしてるというか
「1、2の3」で打ててしまうなぁと感じてしまいました。


そして2つ目は
いい意味でも悪い意味でも小宮山。

まず、いい意味のほうを。
打撃が本当に良くなっていました!
今日は3打数2安打。
打撃フォームも変えて
昨季までに比べて打球の質が格段に上がっていました。

対して悪いほうを 柱|ω・)
また捕球し損ねて進塁を許してしまいました(lll-ω-)ズーン
素人の私見で恐縮ですが
小宮山はワンバンの球とかを体で止めに行くよりも
ミットで全部取ろうとしている様に見えます。
体で止めるの藤井さんが巧かったよなぁ。。。
まぁそんなわけで頼れる矢野コーチ
ご指導のほど、よろしくお願いしますm(_ _)m

そして小宮山と言えば、もう一つ。
これはいい悪いではなくて、
4回にコリジョンルールで点が入った場面。

小宮山が捕球の体勢に入った時には既に
昨季までと同様の
ホームベース上での捕球体勢だった様に見えたので、
タイミング的にはアウトでも
ルール的にはセーフになるだろうと瞬時に思いました。

走者が還ってから集まる審判団を見て
小宮山が「俺?」ってジェスチャーをしながら高代コーチに問い、
高代コーチも頷きながら自身の左脚をパンパンと軽く叩いて
足が本塁上に入っていた事を伝えていました。

きっと無意識というか捕手の本能なんでしょうね、
本塁を守るという事が。
いくら反復練習しても
試合の流れのなかで…ましてや点に絡むところでは
今までの感覚通りに体が動いてしまうのではないでしょうか。
こればっかりは反復練習の継続と
開幕までの実戦の中で
各捕手が自分なりの感覚を改めて掴んで行くしかないのだと思いました。

いやぁ…それにしても
矢野さんがコーチになってくれて本当に良かったwww


あ、あと気になった事がもう1つありました。
金本監督と高代コーチのサインのやりとりも
まだまだ課題はありそうです(^_^;)
試合途中に金本監督が高代コーチに
「分からない」というジェスチャーをしていたので┓(´Д`)┏
ただその後すぐに
金本監督と高代コーチが話し合い、
その後高代コーチと中村コーチが話し合っていました。
明日のオフはそんな事も含めて
首脳陣のミーテイングとかがあるのかな?


というわけで、
今日で第3クールが終了。
臨時投手コーチの下柳さんは今日で打ち上げ。
ブルペンでは投手にアドバイスを
試合中ベンチでは捕手に(恐らく投手目線の)アドバイスを
そして私達ファンには楽しい思い出を残してくれました。
本当にありがとうございました!
そして、お疲れ様でした。
いつかコーチとして縦縞を着る日を楽しみにしています。


さて、沖縄に来て2日目でいきなりオフ。
浦添に偵察にでも行こうかと思ったら、
ヤクルトも明日はオフでしたwww
普通に観光でもしようかな(^_^;)






ポチして頂けると一気にヤル気スイッチがONになりますのでwww、
読んで良かったと思われる方はポチお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村
プロフィール

渡辺翔子

Author:渡辺翔子
2010年に西宮にちょろっと住んでしまったが為に洗脳されw、
虎キチの仲間入りをしましたwww
最初は外野でワイワイやってるのが楽しかったのですが、
「野球(配球)が分かったら、もっと楽しめる筈」と思い、
日々勉強中。
野球経験が無いですが、バッティングセンターにも通って代打で出場する事を夢見るアホですwww

無償の愛で阪神タイガース応援中。
『脳内虎パラダイス♡』

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

 | とらみくすTOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。