2017/04/28(金)03:44

4月27日 対DeNA戦
先発バッテリーは藤浪ー梅野

雨天中止となった昨日
先発予定だった藤浪がそのままスライド登板
インフルから復帰して中13日でのマウンドとなりました。

前回抹消前の登板では好投をしましたが
間が空いてしまっていたので
「今日はどっちの藤浪なんだろう(^_^;)?」
そんな事を思いながら試合を見始めました。


初回先頭 対桑原
初球は高目に外れました。
ここで「あ…もしや。。。」と思い
2球目は低目に外れてまたもやボール(; ̄O ̄)

この2球見ただけで
「あ、今日はそっちか。。。」
なんて思ってしまいました。

ただし、、、
「そっちの(悪い)ほうの藤浪」だけど
悪いなりにも何とか抑えられていたと思います。


本当に悪い時って
球を制御しきれていないから死球があったりするし
変化球(特にカットボール)に頼る配球になってしまいます。
その変化球に頼らざるを得ない時というのは
球自体のキレも無く
コースも甘く入る事が多くなって打たれる…
昨季の藤浪がそんな投球でした。

だから今日は
悪いなりにも良かったんですよw

ストレートが逆球になったり
高目に行ってゾーンを越えてしまう様な球も多かったですが
本当に抜けてしまう球や引っ掛ける球は少ないほうだったかな?

降板になる5回最後までストレート中心で攻めることができていたし
制球は悪かったけど
球威があったからこそ出来た攻め方だったと思います。

そう言えば・・・
2回 対倉本の打席で奪った空振り三振が
藤浪の通算700奪三振になったようです。

記念にいつもの小汚いやつ載せておきますwww

(球種:st=ストレート、Cut=カットボール
    FK=フォーク、SL=スライダー
 カウント:F=ファウル、s.k=空振り)

s_20170427_2.jpg


7球目のカットボール…ボール球だったのですが
6球目のほぼ同じコースのストレート(ボール)が
何気にいい布石になったかなぁと思いました。

通算700奪三振ではあるのですが
今季ここまでの3試合で藤浪の奪三振数は
たったの『7』個だけです。

もっともっと三振を奪える投球ができる投手の筈なのに
たったの7。。。

他の投手と比べると
藤浪と同じ3試合の岩貞が19奪三振
まだ2試合の青柳ですら10奪三振

いかに少ないかが分かると思います。

前回好投したとは言え
まだ本来の藤浪の投球ではないとみています。

個人的に気になっているのは
WBC球を触ってから(投げてから)
カットボールの質が変わったように見えるんですよね。

WBC球で投げたカットボールは
横より縦の変化が大きく
とても有効的な変化球だと思いました。

WBCも終わりNPB球を投げ始めましたが
球が変わっても同じ様に変化をするカットボールがあり
そんな時は大抵甘く入って打たれています。

お絵描きにも載せた3回桑原の打席のカットボールなんか
まさにそんな球だった様に見えました。

今日藤浪がカットボールで奪った三振は
倉本のあの空振り三振だけで
あとはストレートで空振り三振(×3)

以前投げていた横にキレるカットボールが戻ってくれば
三振数も増えると思うのになぁ。。。
あ、、、あくまで個人的な見解ですけどね…柱|ω・)

以前と比べたついでにもうひとつ

立ち上がりが悪くても
以前なら投げながら修正できていたのに
今日は徐々に悪くなっていった印象(; ̄O ̄)

ちょっとウダウダ書いちゃったしw
藤浪自身も投球フォームとかテンポとか
とても気にしたり反省したりしているけど
本当は・・・
もっとシンプルに目の前の打者を抑える事に集中して欲しい。

とりあえず
私が望むのはそこかな。。。

次回登板がまた楽しみです!



代わって6回は岩崎
リードしている場面での登板は初めてかな?
上本の好守もありましたが
下位から上位に回るところできっちりと三者凡退で切り抜けて
とても大きい仕事をしてくれました!

7回の髙橋と8回のマテオも三凡締め ̄ー ̄)ニヤリ

9回は安心安定のドリス
三者連続三球三振を期待してしまいましたが
2アウトから
桑原に高目に浮いたフォーク(SFF)をポテンヒット。。。
それでも次の石川は三球三振!
(あぁ…桑原の打席が余計だったwww)

ランナーを出したものの
これで今季10セーブ目で
月間セーブ数の球団タイ記録!

本当にドリス様々ですm(_ _)m

昨季入団して
宜野座の紅白戦でドリスを観た時
タイミングが合わせ易く打たれていたんですよね。
【宜野座リポート 2月14日(day1)】

でも
その半月後にはフォーム改善しています。
【ストレスフリーな配球】

昨季途中に故障離脱はありましたが
活躍を観て次季(2017年)も期待していただけに
再契約のニュースは本当に嬉しいものでした。

再契約が決まってから
個人的にクローザーはドリス推しでした。
決め球のフォーク(SFF)は一級品だし
ツーシームも何気にいい働きをしていたので。

来日してからまだ被本塁打はなかったんじゃないかな?
いつかは打たれてしまうかもしれないけど
終盤で試合をひっくり返されるホームランや長打を打たれる心配が少ない…
そう思える投手
本当に心強いです!

ドリスが短期間で見せた順応力
まだまだ進化出来るのではと期待も持てます。
心配なのは怪我だけ。
1年間フルで活躍出来る事を願っています。



打撃陣の事もいっぱい書きたかったのですが
ここまでで長文になってしまったので
気になった2選手をピックアップ

まずは6回代打で出た中谷

先日スタメンだった試合で
DeNA先発の濱口の変化球(特にチェンジアップ)を振らされまくって
9回の打席では軸がブレブレだったんですよね。

実はこの試合観に行っていて
その様子が分かり易い写真も撮れたので
Twitterにはアップしています。

中谷打撃

そんなこんなだったので
それがちゃんと修正できているか気になったのですが
心配無用でした(^_^;)
あの4タコはメンタル的なものだったのかなw

2アウトからの安打で得点には繋がりませんでしたが
中谷らしい二塁打でホッとしました。


あとは初スタメンとなったキャンベル

守備も無難にこなしていたし
マルチ安打
上出来ですね♪

一発を期待する打者ではないし
もし一発が出ても副産物的な感じでしょうw

ファームでの試合中継も観ましたが
ストレートには強いイメージです。
(ファームでも今日の試合でも安打はストレートが多い)

選球眼も助っ人にしてはいいほうだとは思いますが
気になるのは外スラ(ボール球)を見極めて
バットを止める事が出来るかどうか?
ファームではバットが回ってしまい空振り三振しています。

・・・なので
キャンベルの変化球の見極め
それに注目していきたいと思います。

如何せん助っ人なので
ヘイグ系かマートン系かw
まだまだこれからですね(^_^;)



明日からの週末のカードは
『不気味な中日』との対戦

前回負け越しているので
最低勝ち越しはしたいですが
いつものようにロースコアで厳しい戦いになりそうな気がします。

まずは相手先発の立ち上がりを攻めて
優位に試合が運べることを期待したいです。






ポチして頂けると一気にヤル気スイッチがONになりますのでwww、
読んで良かったと思われる方はポチお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村
2017/04/21(金)06:19

4月20日 対中日
先発バッテリーは青柳ー梅野


一週間振りにテレビの前でお絵描き出来る日でした。
お絵描き用の紙をプリントアウトしようとしたら
何やらプリンターがモゴモゴして印刷されない。。。

え?
インク切れ??
ストックないやんけーーーー(ノ`□´)ノ⌒┻━┻



・・・と言うわけで
本日は『エアお絵描き(別名:脳内お絵描き』にて観戦(−_−;)

配球図を直接書き留める事が出来ないので
バッテリーの意図だったり
打者の狙い球が分かり辛い面もありますが
それでもある程度は何とか考えられるようにはなりました(^_^;)



初回の青柳

ストレート、ツーシーム、チェンジアップ、スライダー
この全ての球種を投げましたが
コース、球のキレ
全ての球種に於いてかなり良かったと思います♡

ストライク先行で
低目の制球も本当に良かった

変化球でカウントを稼ぎつつ
ツーシームに手を出してきた中日打線がゴロアウト

それをもうちょい噛み砕いて言うと…

ツーシームが決め球だったわけではなくて
変化球での布石があったうえで
ストレート系のツーシームに手を出して引っかけた(ゴロ)
そういう内容に見えました。

結果的にはツーシームで中日打線を翻弄していましたが
それをバッテリーで踏み違えた打席が
7回先頭の平田の打席だったと思います。

本日は『エアお絵描き』だったのでw
Yahoo!一球速報様から画像をお借り致しますm(_ _)m

20170420平田


1、2球共にインロー要求が逆球になってボール
3球目もインロー要求→ファウル
4球目もほぼ同じコース要求→ボール

それまでにイニングと攻め方を変えようとしていたのかもですが
なんかちょっと安易に見えたし
インコースの使い方も安易(小声)。

4球目までは同球種でも結果的にコースが変わっていたので
「まぁ良し。。。」と思って観ていましたが
さすがに5球目の投球前には「球種変えたほうがいい」と思いました。

何故そう思ったか?

この場面で抜く(緩い)球が欲しかったから…。

なのに5球目も同じコース、球種要求で同点の被弾(>_<)


うーん・・・
なんでそういう選択に至ったのかが分からないのです(; ̄O ̄)

打たれるべくして打たれてしまった…
個人的にはそう思えてしまうのです。。。

この一発で完全に中日がイケイケムード。



梅野はここまで物凄く頑張っています!
今日も『梅ちゃんバズーカ』が命中したしw
どんな球でも捕球してくれる安心感があります。

でもね、、、
やっぱり配球を見てしまうと
足りないなぁ…って思う。

重箱の隅を突くような小言を言ったけど(^_^;)
経験を積まなきゃいけないポジションだから
明日からまた頑張って欲しいと思います。



で・・・ですね・・・

8回
梅野から代わってマスクをかぶった岡﨑

ベテランマスク キタ━(゚∀゚)━!!♡

ベンチ入りしていても
なかなか出番が来ない岡﨑ですが
ベテランならではの活躍に期待していました。

髙橋と組んで2アウトを取った後
ビシエドの打席を迎えて投手交代でマテオ

その初球…

Yahoo!一球速報様から画像をお借り致しますm(_ _)m

20170420ビシエド



配球図より岡﨑はもうちょい低目に構えてはいたものの
打たれたコースは
昨季序盤ビシエドにポンポン放り込まれたコースに近いです。

参考までに昨季の記事です
【裏の手発動】
【ビシエド対策】


打たれた球種とコース
昨季開幕スタメンマスクをかぶった岡﨑が一番把握している筈なのに…


個人的には
ここで意気消沈。。。(lll-ω-)ズーン

なんで初球にその球(球種、コース)を要求しちゃったの??
先に書いた梅野の要求同様に
理解に苦しみます。。。




捕手に物申したけど
攻撃での野手陣に関して言えば
初回が全てだと思います。

立ち上がりに制球が不安定だった大野に対して
(…と言うか今日は終始不安定でしたが)
「初回で先制できなければ試合が重くなりそう…。」
そう感じました。

4回の鳥谷の二盗は得点に繋がらなかったけど
いい働きをしたと思うし
5回の先制タイムリーを打った原口は
大野の失投(高目に浮いた球)を逃さず捉えたナイスバッティングでした♪

8回2アウトからの
中谷→右安打(ポテンヒット)
鳥谷→フルカウントからの四球
代打髙山→タイムリーツーベースヒット
それぞれの良さが発揮されて取れた得点だったと思います。


でもそれ以上に
みすみす点を与えてしまい敗戦した。。。
そういう試合に見えてしまいました。




今季も中日との対戦は
接戦のなかでモノにしていかなければならない試合なのかな?
現状は下位チームなので
もっと楽に勝てればいいのですが。。。

ナゴドは鬼門ではなくなったと思うけど
『不気味な中日』は
相変わらずだと思います。


勝ち越し…
願わくば3タテを狙ったのに
気付けば負け越し((((;゜Д゜)))))))


私の耳元で稲川淳二が
「やだな〜、怖いな〜」って囁いているような気がしますがw
来週末の甲子園でやり返せる試合に期待したいと思います。






ポチして頂けると一気にヤル気スイッチがONになりますのでwww、
読んで良かったと思われる方はポチお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村
2017/04/19(水)02:00

今日は試合を観れたのが途中(終盤)からということもあり
いつものお絵描きはしていないので
ちょっとした感想になります(^_^;)

タイトルにもしましたが
中谷について。。。


このブログで何回か書いてきましたが
キャンプイン前の
『ファースト誰がやるの?』問題で
個人的には中谷推しで
期待しながら見守ってきました。

現状の収まりどころで不満は皆無と言ったら嘘になりますが
各所でそれぞれが役割を果たして機能し
いい状態で戦えていると思います。


そんななかで
福留の休養日になったナゴド初戦は
ライト 5番 
今季初スタメンでした。


初回
岩貞の制球が定まらなかったので
ピンチの芽を摘もうと積極的に攻めましたが失策もあり
2アウト3塁でビシエドを打席に迎えました。

昨季の序盤
ポンポンと放り込まれましたが
その後の昨季中にビシエド対策は出来ていたし
今日も初回は甘いコースに行っていたように思いますが
痛打されなかったのを見て
ビシエドに対する怖さみたいなものは感じませんでした。

ビシエドに対してフルカウントになってから打った打球

打った瞬間はフライアウトかな?と思いつつも
糸井の前に落ちてタイムリーかと見えたところで
右のほうからスーパーマン登場www

中継映像を観た限りだと
いきなり中谷が低空飛行でフレームインして
ダイビングキャッチ!ヾ(0д0‖)ノ


好守は大好物なのでw
録画で10回くらいリプレイして観てしまいました(*´ω`*)♡


今季のキャンプでは外野守備に加えて
一塁も見据えて守備練習をしていました。

「普通にこなせる」

そんな印象しかなかったので
ちょっと驚きました。

あのワンプレイで
立ち上がり不安定だった岩貞をどれだけ救えたことか。

糸井の前に落ちていれば先制点献上
もしかしたら
そのままズルズル行ってしまった可能性がなきにもあらず。。。

それを救ったファインプレー
本当に今日の試合と岩貞にとっては大きいプレイになりました!


ここ数年は宜野座キャンプ見学に行っているので
2年前の中谷の守備や打球を追う姿勢
結構酷かったんですよ(小声)w

(※ものすごい長文で恐縮ですが
  改めて読んでみると選手の成長を感じます♡)

【 宜野座リポート2月3日(day2】
【 宜野座リポート2月6日(day4)】


でも・・・
昨季1軍戦に出場し
ある程度結果を残したことで
変わってきたと思います。

そういう意味で言うと
中谷に限らず
他の若虎もそうだと思います。


福留にも活躍して欲しいですが
休養日でも
期待して試合を観れる…
そんな試合になったと思います。

『不気味な中日w』のカードですが
最低でも勝ち越し
願わくば3タテと行きたいです。



明日先発は好投を続けている秋山

ポイントは…
『序盤のストレートの走り』
『7回』
『100球』

8回からのマテオ→ドリスの勝ちパターンが安定しているので
7回を投げきることが出来れば御の字ですね。

梅野がいかにエコ投球を導けるか…
それもポイントだと思います。

あ、、、梅野。。。
配球面はまだ課題ですが
それ以外の守備や打撃でもチームに貢献しています。

だから…というわけではなくて
梅野を観ていて一番変わって
個人的にいいと思ったところ

顔つきが変わりました
目つきも変わりました

自身で経験し考え
戦う為のいい表情になってきたと思います。


まずは
カード勝ち越しに期待しましょ ̄ー ̄)ニヤリ






ポチして頂けると一気にヤル気スイッチがONになりますのでwww、
読んで良かったと思われる方はポチお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村
2017/04/17(月)08:00

結果から書いてしまいますが
2−1で勝利し
カード勝ち越しです\(^o^)/

まずは
試合後に金本監督が
「ポイントになる試合」と言っていましたが
このホームでのカード1勝1敗であり
対カープに対しては1つ負け越しで迎えて
負け越すか五分に戻すか?
そういう意味で「ポイントになる試合」と言ったのだと思います。

昨季カープに対してやられっ放しだったのを
『挑む』というスローガンを掲げて
今季どういう試合をやれるのか?
本当にポイントになる試合だったと思います。

カープと互角に戦える
どちらがミスするか…だけの勝負
そういう試合を見せてくれたカードになりました。
やはり対カープ戦は
「先発がゲームメイクを出来るか?」に掛かって来ると思います。


最初から結論を書いてしまった感がありますが(笑)
ここで書きたいのは
試合を観ながら
今季を見据えて考えてみた事です。


私の仕事の都合で
開幕してからは週末のカードが一切観れませんでした(T_T)
前回の開幕カードが観れていないので
試合内容的には開幕カードでの対戦を意識したものかもしれませんが
今日の試合に関しての純粋な感想を書きたいと思います。


広島先発バッテリーは
九里ー會澤

打者一巡するまでは
初回はカーブでカウントを稼ぎつつも
2回はツーシームのせいで狙い球を絞れずにいました。

3回
能見が7球目で四球で出塁
続く…今日ショート1番でスタメンに入った糸原が
いい粘りを見せて四球。

この糸原の打席での内容が
九里に対して阪神が講じた策を集約していた様に思います。

今日もYahoo!一球速報様から画像をお借り致しますm(_ _)m

私自身が九里の投球(球種・球筋)を把握しきれていないですが
この一球速報に記載の球種がちょっと違う様に思うところはありますが(^_^;)
基本の策はそこにあったと見えました。

s_20170416糸原


初回は特にカーブで巧くカウントを稼がれた事もありましたが
ツーシームやスライダーに翻弄され
打撃陣の最初の打席は
ゾーン内の好球でも見てしまってバットを振れない
そんな内容だったように見えました。

ところが打者二巡目の先頭糸原
球種は絞らずゾーン内の球は当てに行く(バットを振る)

九里の攻略法ではないです。
あくまでも今日の九里の状態に対しての策です。

球種ではなくゾーンで絞っていたからこそ
選球眼がいい打者は見極めようと見逃した球もあったし
選球眼よりもくさいコースを振って行く(比較的若手)打者は
変化球のキレ(ボール球)でバットが回ってしまいました。

1−1で試合が動かず均衡したなかで
8回先頭糸原のヘッスラや
髙山のクリーンヒットではないけど中安打
福留の打席で何回も牽制を受けながらも盗塁を成功させた髙山(福留四球)
フルカウントから値千金のタイムリーを放った原口

やっと捥ぎ取った1点だけど
選手個々の良さが際立った得点だったと思います。


今季ここまでの阪神打撃陣

昨季よりかは
縦の変化球や緩急にはついていけるのではと思いますが
横の揺さぶりにはまだ弱い印象を受けます。

九里のみならず
シュート・スライダー系の
横の変化で揺さぶりをかける投手への対応

そういう投手との対戦で
今後どういう攻略策を講じて行き
願わくばシーズン中に
横の変化にも対応出来る打撃陣に仕上げて行けるのか?


今日の九里に対して
今季ここまでの打撃陣の傾向を見せてくれたような…
そんな感じに見えました。





で・・・・
本題です。


阪神先発バッテリーは
能見ー梅野

先にも書きましたが
私自身が週末のカードを観れていなかったので
今季初のノウミサンであると同時に
スタメンマスクの梅野の『肝』であると思っている
能見とのバッテリーです。


その初回・・・


能見は梅野のサインに首を振らずに投げても
逆球だったり抜け球だったりしましたが
自身で制御しきれていない様な球ではないなと思いました。
なので
決して能見の状態(立ち上がり)が悪かったわけではないと思います。

初回は
ものすごーーーーく変化球主体の投球。

初回って
その日の投手のバロメーターを現す様なイニングなのに
変化球主体
それってどうなのよ???
って思ってしまいました(−_−#)


能見が昨季辺りから「シュート」を投げ始めたとは言え
基本はストレートで押してからの変化球でアウトを取ったり
時には右打者に対してのクロスファイアで見逃し取ったりとか…。


キャンプのブルペンでも
序盤からずーーっとストレートを投げこんでいるわけで
それは投球の基本がストレートの制球だと思っているからだと思います。

それなのに…
初回から変化球主体にされたリード

梅野としては
前回対戦を踏まえた上でのリードだったかもしれませんが
それは念頭に置くとして
今日の能見のリードをして欲しかったと思う。

能見の良さって
ストレートを主体にして
そこにスライダーやフォークで
アウトを取れる投手。

以前より
ストレートの威力は落ちているのは確かで
それは仕方の無いことかもしれないけど
それでもストレート主体で変化球で打ち取る…

4回と5回の好投は
そういう投球内容だったと思います。


各々のスタイルがあるとは言え
投手の基本ってストレートでしょ?

引退した福原もそうだし
ベテラン安藤もそうだけど
ストレートのキレと制球を基本にしている投手
能見もまた然りだと思います。

なのに初回から
変化球主体の投球

ああいう組み立てをした梅野に対して
従った能見

私だけかもしれないですが
チグハグ感がありました。

仮に捕手岡崎なら
ストレート主体でコースを突き
そこで今日のストレートの出来と
もしダメならば打ち取れる変化球やコースを探ると思う。

・・・なんていう事もせずに
しょっぱなから変化球主体。。。(; ̄O ̄)


そんなこんなで…
ぶっちゃけて言うならば
能見のスタイルを引き出してくれるのは
現状岡﨑のほうが巧いとは思いますが
スタメンマスクを梅野で勝負している以上
梅野自身が能見をビビっているようでは
いつまで経っても『リード』は出来ないと思う。。。

捕手が女房と言われるのは
多くを言わずとも
阿吽の呼吸で投手をリード(導ける)出来るからこそ…。


3回終わりから能見が降板するまで
能見の良さが出せたリードが出来た様に思います。

変化球主体でかわす投球から始めるのではなく
まずは投手の持ち味(その前のブルペンの善し悪しはあれど)で投げさせて欲しい


個人的には鬼門バッテリーと思っているので
序盤の攻めには物申したけど
次回からは
少しでも阿吽の呼吸で初回からビシッと抑えてくれたら…
そんな事を願っています。






ポチして頂けると一気にヤル気スイッチがONになりますのでwww、
読んで良かったと思われる方はポチお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村



























2017/04/14(金)00:32

今日も昼間にファーム戦を観たので
その感想を先に。。。

対 SB戦
先発バッテリーは小野ー長坂
ルーキーバッテリーですね(^-^)/

個人的には
小野のストレートよりも変化球の精度に注目していたのですが
今日もストレート主体の投球

初球ストレートは149km/h!
その後もストレートは平均して140km/h後半を投げてはいたのですが
高目に抜けてしまう球が多かったです。
リリースポイントの問題なのかな?

初回は2つの四球を出してしまい
Pゴロを二塁悪送球で1失点しましたが
最少失点で切り抜けました。

小野が考える自身の投球の善し悪しのバロメーターになっているのが
ストレートではなくフォークのようです。

この試合で初めて投げたフォークは
ベースのちょっと手前でワンバンしてしまう球だったので
そういう見方で言えば、前半はイマイチだったと思います。

ただし、、、
ストレートが145km/h前後に対して
135km/h前後の変化球・・・
球筋からすると恐らくスライダーだと思いますが
使える球だと思いました。

ただストレート主体な故
0−2で追い込んでも
決定的な決め球がないために気付けばフルカウント…
そんな打席がたくさんありました。

ストレートの球自体は
バットに当てられても詰まらせる事が出来る力のある球なのですが
その球を自身でコントロール出来ていないのが
一番の課題なのでは?と思いました。


そして今日のキャンベルさんw
1打席目は
真ん中ちょい高目のストレートを右中間に弾き返しタイムリー(シングルヒット)。
2打席目は
内寄りのストレートをサードゴロ。
ストレートはもういいのでw変化球への対応が気になるところです。

あと気になったのが板山。
打たされちゃってるんですよね〜。
自分のバッティングが全然できていないのです(lll-ω-)ズーン


とりあえず・・・
ファームの試合で気になったところだけピックアップしてみました。





さて、1軍の試合

対 DeNA
先発バッテリーは藤浪ー梅野

今日は『どっちの藤浪なんだろう?』と
若干の不安を抱えながらの観戦となりました。
が・・・

初回先頭の桑原に対して
1球目 アウトロー 148km/h ストレート 見逃し
2球目 アウトロー 151km/h ストレート 見逃し
この2球を見て
「あ、、、今日はもう大丈夫だな」と思いました。

でも
3球目 アウトコースにカットボール
あれはコース変えて欲しかったなぁ。。。
右打者に対して
あの流れであのコースのカットボールはないなぁ(小声)。
結果…右安打で先頭打者を出してしまいました(−_−;)

初回は2つの安打と1つの四球は出してしまいましたが
無失点で抑えました!


今日『藤浪らしさ』が出たと思ったのが
3回梶谷の打席。

ほな、いつもの小汚いやつ、、、…と言いたいところですが、
「本当に汚くて見れないwww」というクレームを日頃頂戴していまして(^_^;)

改善方法はいろいろと考えてはいるのですが
試合を観ながら細かい事まで書き込めるアナログ(手書き)に勝るものはない
…という結論に達してしまうのです。

アップする配球図だけパソコンで編集(清書)も考えたのですが
記事書くだけでも実は3時間くらい掛かってまして…
そこまで手が回らないのが現状なのです。。。

言い訳ばかり書いてしまいましたが
今日はせめてもの償い?という事で
Yahoo!一球速報様から画像をお借り致しますm(_ _)m


20170413梶谷



5球目のカットボールで空振り三振
私はその球に藤浪らしさを感じました。

今日の奪三振は3つだけでしたが
本来はもっと三振を奪える投手な筈。

今日は
8回 97球 6被安打 3奪三振 1与四球 1失点
ナイスピッチングで
前回に比べたら素晴らしい内容ではあったのですが
藤浪だからこそできる藤浪らしい投球…
それを今日はあまり見られなかったように思います。

今季ここまでの試合で先発が8回まで投げて試合を作ったのは
初めての試合だと思いますが
藤浪だからこそ
もっとより高いレベルの事を求めてしまうのかもしれないし
藤浪はそれが出来る投手だと信じているので
やっぱり奪三振の数が増えてこそ藤浪の投球。。。

長いイニングを投げるほうが先発としては大事かもしれないけど
藤浪らしい投球が見たい…
個人的にはそう思います。




で・・・
今日の試合は思いの外投手戦になりました。
もちろん藤浪が好投をしていたからこそです。

横浜先発の井納
結局最後まで攻略出来ずでした(; ̄O ̄)

ナチュラルにシュートする井納のストレート
ストレートがシュート回転してもいいほうに働く良い例ですね。
打者の手元で球が微妙に動く投手・・・
阪神が苦手とする投手の典型です 柱|ω・)

シュート回転しているとは言え、ストレートという球種
昨季井納を打ち負かした時は
そのストレートを狙い打ちしているんですよね。

【ルーキー捕手バッテリーの選択】

憶測ですがバッテリーでストレートを要求して
シュート回転をしてしまった球なのか
シュート回転しているのを加味したストレートなのか

後者は2シーム(シュート)の様に扱うこともできるわけで
それをバッテリーが巧く使った結果なのかな?なんて思いました。
(一時期の藤浪もそうだったと思います)

次回対戦時
井納に対してどういう策を講じるのか興味津々です ̄ー ̄)ニヤリ


井納を攻略できないまま終盤勝負になりましたが
9回先頭の代打糸原
カウント2−1からの4球目
甘く入ったスライダー?を左安打\(^o^)/

終盤の代打で出て来てもちゃんと結果を出せる
素晴らしいルーキーです!

続く梅野がバントで送ろうかとしている緊迫した場面で・・・

ネコ様参上(爆)www

この場面でオマエ出て来るか、おいっ!
…って、ツッコミを入れてしまいましたが
幸運のネコ様でしたw(しかもトラ柄だったwww)

その後はあれよあれよと3点追加(^_^;)
打撃陣好調ですね♡

誰か一人頼みではなく
誰かが必ず打って決めてくれる
ここでダメでも次で…
そう思える打線は頼もしい限りです。



カード勝ち越しでホームに帰って
迎え撃つは独走状態の広島カープ。

今季の『挑む』というスローガン。
これは特に広島に対して言っているのでは?と
個人的には感じております。

ここまで広島に唯一土を付けているのが阪神。
それならば再び土をつけてやろうじゃないの ̄ー ̄)ニヤリ

厳しい戦いになるとは思いますが
今の広島の勢いを止められるのは阪神だけだと思っています。

多くは望みませんが(←ちょっと弱気w)
『挑む』気持ち
攻めて行く気持ちだけは失わずに
広島戦を戦って欲しいと思います!






ポチして頂けると一気にヤル気スイッチがONになりますのでwww、
読んで良かったと思われる方はポチお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村
2017/04/13(木)00:09

今日の記事は昼間に行われていたファーム戦の感想が主です。
(今日は2試合分なので、ちょっと長いですm(_ _)m)


まずはじめに1軍の試合
対 DeNA
先発バッテリーは秋山ー梅野

前回好投した秋山ですが
序盤は球が走っていなくてイマイチでした。
そんなイマイチだった最中の失点。
まぁでも野手陣が取り返してくれるだろうと確信していたので
そこまで失点は気にしていませんでした。

投球を続けて行くなかで
やっと球に指がかかって球が走りだしたのが4回
先頭田中の4球目アウトハイに外れたボール球でしたが
ナイスボールだったと思います。

きっちり試合のなかで修正もできて
以降3イニングス三者凡退。
バッテリーで緩急(カーブ)を有効的に使えた事も大きかったと思います。

6回投げ終えて、ちょうど100球
代えてもいいかな?と思いましたが
7回も秋山を行かせました。

首脳陣が秋山に先発としての成長を願っての事だと思います。
先発なら長いイニング(せめて7回)は投げて欲しいし
前回も7回行ったところでつかまりましたが
更に越えて行って欲しいという意図が見えました。

が・・・

やっぱりつかまっちゃいました 柱|ω・)

秋山の今後の課題になるかもですね。。。
7回
100球

そこに到達した時に更なるピッチングができるか?
先発として2試合ともゲームメイクは出来ていますが
そこの壁(課題)を今後の登板で越えて行ってくれるのか
次回以降の登板を楽しみにしたいと思います。


打撃陣と言うか打順で気になったこと。
下位打線の厚みが増してますね。

特に6番鳥谷が相手にとって嫌な打順だと思います。

実は今日の試合で
3度イニングの先頭打者として打席に立っていますが
1度の凡退はあるものの
その後は四球と安打でチャンスメイクしています。

それなら上位打線に…って思うし
ちょっと前は鳥谷と髙山を入れ替えて
1番 上本
2番 鳥谷
・・・
6番 髙山
…なんて思ったりもしましたが
現状は鳥谷に続く北條や梅野が率は低いけど
彼らを導くリードオフマン的な役割を鳥谷がしてくれているのでは?
なんて思ったりもしているので
暫くは、この打順を楽しみたいと思います♪
(※函館にお住まいの師匠からは
  鳥谷と髙山を入れ替えたほうがいいという意見を頂きましたw)


1軍の試合は8−6で勝利\(^o^)/
最後はちょっとヒヤヒヤしたけど
猛攻の後の原口の一発が効いてましたね ̄ー ̄)ニヤリ







さて・・・ファームの試合

対ソフトバンク戦
先発バッテリーは岩田ー小豆畑

3回を投げて6失点してしまった岩田。
厳しい事を言いますが
そういう結果になってしまう内容の投球でした。

投球全体的に高目だったし
若干ノーコン気味。
球にキレがなかったから
打ち頃のストレートを狙い打ちされた印象。

岩田のいい時は
ストレートを低目に集めて
変化球で引っかけさせてゴロでアウトを取る投球。

そんな岩田の良さがほぼ見られない残念な登板でした。

前回登板と内容があまり変わっていない様なので
修正は大変かもしれませんが
また、あの一球入魂している投球が見たい!

今季
甲子園のマウンドで躍動することを願って待ちたいと思います。



4回は2番手の守屋。
回の先頭ムネリンからの二者連続被弾(lll-ω-)ズーン

その後毎回投手を代えていましたが
目を引いたのが
まず安藤。

低目にボールを集め
変化球のキレもまずますでした。
まだ登板回数も少ないので
本調子になるのはこれからですが
それでも1軍のブルペンが苦しくなった時に
必ずや助けてくれる
そんな希望を持てた「がーさすベテランの投球」でした。

あともう一人目を引いた投手。
竹安です。
昨季ルーキーイヤーで同期の中で唯一1軍出場がなかった選手。

今日の投球は
低目にストレートを集められていたし、変化球もまた然り。
だからこそゾーン内の抜け球でもカウントを稼げたのだと思います。

このままいい状態を保って
今季は初の1軍登板が見れることを期待したいと思います。
ナイスピッチングでした!


あとスタメンマスクから試合最後まで捕手は小豆畑でした。
解説でしきりに「課題は打撃」と言っていましたが
その前に守備の課題が盛りだくさんです(^_^;)

ホームに還って来た走者を
アウトのタイミングで捕球してもアウトに出来なかった。
コリジョンにより捕手の位置取りが追いタッチになる不利な体勢とは言え
それでもあの時の位置取りはもうちょっと詰められたと思います。

あと投手の調子が悪ければそれをそのまま引きずって
助けるようなリードはまだ出来ないし
インコースの使い方もちょっとなぁ。。。(^_^;)

でも、打撃ではタイムリーツーベースヒット!
インストを巧く捌けました!
見てる限りだと全体的には厳しい感じはあるけど
そろそろ1軍に上がってこないとね。。。


打撃陣では
キャンベルが復帰後初の実戦。

第1打席は
インスト2球見逃して
カウント1−2からのボール球(フォーク?)を
ハーフスイングで空振り三振。
キャンプ時同様に球をよく見ようとしていた感がありました。

ただし2打席目は
そのよく観ていたインストを巧く捌いて右翼線安打
アベレージヒッターだから大きいのは求めていないけど
アベレージヒッターだからこその巧さみたいなものを
これからに期待したいかな。


キャンプで素晴らしいバッティングをしていた板山でしたが…
見逃し三振とかもあり
考え過ぎてバットが出て来ていない印象を受けました。
キャンプの時はもっと積極的にバットを振れていたのに。。。(T_T)


一日で1軍と2軍の試合を観ましたが
1軍ではカウントを取りに来た甘い球は逃さない(安打に出来なくてもファウル)、
ファームではファーストストライクを取りに来た好球を見逃す場面が多かったし
相手バッテリーが自分(打者)に対して
どういう攻め方をして来るのかを客観的に読む力がまだまだなのかなぁ?
…なんていうふうに思いました。


シーズンはまだ始まったばかりで役者は揃っていません ̄ー ̄)ニヤリ
1軍が苦しくなった時にファームから救世主登場( ̄^ ̄)ゞ
そういう楽しみもあります♪




明日のDeNA戦の先発は藤浪。
個人的にはカットボールが三振を奪える球に修正できているかが気になるので
そこに注目したいと思いますが
なんにせよ、、、
思いっきり腕振って渾身のストレートを投げて欲しいです!






ポチして頂けると一気にヤル気スイッチがONになりますのでwww、
読んで良かったと思われる方はポチお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村
2017/04/07(金)00:57

4月6日 対ヤクルト戦
先発バッテリーはメッセンジャー/梅野

今日のメッセ
初回から制球に苦しんでいましたね(>_<)
特に悪かったのがストレート。
四球も出してしまい
その分球数もかさんでしまいましたが
そんな悪いなかでも自身を助けたのがカーブでした。

2回はそのカーブを狙われて2本の安打がありましたが
この回はスライダーがいい働きをしていました。


そのメッセンジャーのスライダーですが
昨季までと球質(球筋)が変わりましたね。

「バックドア」
「左打者のインコース」
「カットボール」

スライダーの中でも上記3種類を投げ分けている様ですが
昨季までの投球で見た事がなかった球筋が
カットボール…の様なスライダー。

球速は他のスライダーと同じかちょっとだけ速い程度
でも球の変化がいつものスライダーよりも
曲がりが少ない球を投げていました。

カットボールと呼んでいいのか?
球種は本人が言った球種が正解らしいので
メッセ本人がスライダーと言うなら
これもスライダーなんでしょう(^_^;)


話を試合に戻しますが…
メッセが降板する6回途中まで
結局ストレートの制球は悪いままで
試合のなかで修正することが出来ませんでした。

それでもなんとか2失点で抑えられたのは
緩急をつけたカーブ
使い分けたスライダー
落差があって空振りを奪えるSFF
それらの変化球の精度が良かったからだと思います。

2回にカーブを打たれてから暫くカーブを使うのを避けていましたが
それをやってしまうと攻めの一手が一つ減ってしまうわけで。。。

打たれたからこそ
その球を使う勇気を梅野にも持って欲しいなぁ。
岡﨑はそれ、やってましたよ ̄ー ̄)ニヤリ

そんな避けてきたカーブを再び巧く使って
打者の裏をかいたのが5回畠山の打席。

いつもの小汚いアレ、どうぞ(^_^;)

(球種:SL=スライダー、C=カーブ、st=ストレート
    カウント:S.k=空振り、F=ファウル)

s_20170406_5.jpg


1、2球ともにスライダーが外れてボール
3球目にカーブでしたが
畠山の3球目の読みと狙いがストレートで
裏をつかれた感じの見逃し方に見えました。
ストレート待ちとバッテリーが読んだところで
4球目もカーブで抜いて空振り( *´艸`)ムププ
6球目のストレートを打ちに行きましたがライトフライ。
このストレート…梅野はアウトローに構えていたのですが
高目に抜けちゃってるんですよね。。。

今日は終始不満顔のメッセでした(−_−;)


メッセの後を継いだのがワンポイントで高橋
からの…
昨日好投した桑原が今日も登板。
3連投ですね(^_^;)

今日は昨日とは違って
対山田の打席はスライダー中心。
ストレートに力があるんだから使って欲しいなぁと思っていたら
スライダーを痛打され同点にされてしまいました。

その後雄平をストレートで三球三振にしているし
ストレートに力があるんだから
まずはストレートで押して欲しかったなぁ。。。


試合は9回までで決着つかず延長戦突入。

10回と11回でイニング跨ぎした球児。
本当は10回裏で決めて
イニング跨ぎは避けたかったところですが
今日当たっていた下位打線から一発があるバレンティンまで
本当によく抑えてくれました!

そのなかでも10回の原口の好プレーは大きかったと思います。


中押しや
昨日の様にダメ押しも取れずに
初回の4点だけで終始厳しい展開の試合でしたが
最後に原口がサヨナラ弾で決めてくれました\(^o^)/

捕手からコンバートされて悔しい想いもあるだろうけど
それよりも今はファーストというポジションに向き合い
自分の役割をちゃんと理解、努力をして
守備でも打撃でもしっかり結果を残してくれています。


カード勝ち越しで
明日からは我が家の甲子園で讀賣戦。
週末のカードは仕事の都合で一切観れなくなりますが(T_T)
ホームで選手達が躍動する事と
讀賣の独走しそうな勢いを止める試合
それに期待したいと思います。






ポチして頂けると一気にヤル気スイッチがONになりますのでwww、
読んで良かったと思われる方はポチお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村
2017/04/06(木)12:19

4月5日 対ヤクルト戦
先発バッテリーは秋山ー梅野

昨季の終盤から好調を維持していた秋山

キャンプのブルペンで投球を観た時も
いい球投げているなぁと一番目を引かれたし
オープン戦でも結果を残して開幕ローテ入り!

秋山を不安視する声をよく見かけましたが
私は全く不安に思っていませんでした。
だって、球質…特にストレートが以前に比べて
格段に良くなっていたから。

初回はカットボールが抜け気味だったのが気になりましたが
ストレートのキレが良く2奪三振もあって
三者凡退の上々の立ち上がり。

3回にピンチになりますが
落ち着いた投球で無失点!

4回は山田にインローのカーブを二塁打にされましたが
あれは打った山田がさすがです(^_^;)
続くバレンティンの連打で1点を失いますが
後続を断って最少失点で凌ぎました。

快投を続けていたなかで私が一番テンション上がったのが
5回大引の打席。

では、小汚いアレどうぞ(^_^;)

(球種:St=ストレート、FK=フォーク、C=カーブ、
    Cut=カットボール
 カウント:S.k=空振り、S.m=見逃し)

s_20170405_4.jpg


ストレートでズバッとコースを突いて見逃し三振もいいのですが
それよりも緩急の緩の球で見逃し三振だと
打者の意表をついた感が満載でテンション上がりますw

しかも見逃し三振にとった5球目のカーブは
アウトローいっぱいのところに入れてコースも突いているので
なおさらテンション上がって
近所迷惑になりそうなくらい騒いでしまいましたwww
ご近所さん、ごめんなさいm(_ _)m


いい投球をしていると
やっぱり守備のリズムもよくなって好プレーが出易いですよね。
内野陣もそうだし
6回の雄平の打席で
山田を刺した梅野の二塁送球(盗塁阻止)も
フォークでワンバンからの送球でしたが
ストライク送球でお見事でした!


7回にもマウンドに上がった秋山でしたが
球威が落ちているように見えました。
スタミナ切れ??

先頭の雄平に左安打と続く畠山に四球を出してしまい
92球で降板となりましたが
秋山本人も自信になるような…そんな好投だったと思います。

ただひとつ残念だったのは
秋山に勝ちをつけてあげたかったーーー(T_T)

そういう想いが首脳陣にもあったからこその
6回の原口のバントだったと思います。
ここまでゲッツーでチャンスを潰していたので
なんとか勝ち越しの1点を取りたい…
そういう想いで正攻法を選択しましたが
個人的には消極的な策に見えてしまいました。

どんな時でも積極的に行くのが
金本監督の信条じゃなかったでしたっけ?

3バントを選択しましたが
バントをするにしてもバスターしてみるとか
ちょっとした奇策が欲しいなぁと思ってしまいました。


話を守備に戻しますが・・・
秋山の後を継いでマウンドに上がった桑原
オールストレートの力勝負でしたが
そのストレートは球威があって素晴らしい球でした♡

ランナーを背負った状態で登板し
ピンチを迎えましたが見事な火消し!

そんないいリズムで迎えた7回裏

(球種:st=ストレート、タテSL=縦スライダー、FK=フォーク、
    ヌケ=抜け球、カケ=引っ掛けた球
 カウント:F=ファウル、S.k=空振り)

s_20170405_6.jpg



先頭の梅野がナイスバッティングでした!
アウトローのフォークをファウルで粘って
最後は巧く拾って中安打。
昨季まではアウトローの変化球にバットが空を切っていましたが
こういうところにも打撃の成長を感じます♪

俊介のバントは
3バント失敗に終わりましたが
ヤクルトバッテリーの攻め方が巧かったです(小声)

上本が粘って四球を取った後の糸井

やっぱり打球がえげつないwww

もう…ほんと…糸井様々ですm(_ _)m



投手戦で中継ぎ勝負になりましたが
秋山・桑原の好投のおかげの勝利。
先発に勝ちをつけられなかったけど
ちゃんと先発が試合を作って勝てた、
そんなお手本になるような試合でした。






ポチして頂けると一気にヤル気スイッチがONになりますのでwww、
読んで良かったと思われる方はポチお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村
2017/04/05(水)02:14

4月4日 対ヤクルト戦
先発バッテリーは藤浪ー梅野
京セラドームでの準ホーム開幕戦です。

先発バッテリーについては後で書くとして・・・


まずはヤクルト先発のブキャナンについて
新助っ人なので、いわゆる初物
私はノーデータだったので
お絵描きしながらデータ取りました( ̄^ ̄)ゞ

持ち球は
ストレート 145km/h前後
ツーシーム 145km/h前後
カットボール 140〜145kmくらい
チェンジアップ 130km/h前後
ナックルカーブ 125km/h前後

他にシンカーもあるような事を解説で聞きましたが
それらしき球は見当たりませんでした。

ストレート系(フォーシーム、ツーシーム)と
ほぼ同等の球速のカットボールを投げて
手元で球を動かす投手。
これ、、、阪神の打撃陣が苦手なパターンだと思います(小声)。

緩急をつける為にチェンジアップやナックルカーブを要所で使い、
特に試合前半の対左打者には外のチェンジアップが有効的だったし
中盤〜後半では手元で微妙に動いていると思われるナックルカーブも有効的でした。

初物で苦手タイプの投手が来て凡打の山でしたね〜(−_−;)
印象としてはフライアウトのほうが多かった様に思うので
「捉えた!」と思っても微妙に芯を外されていたのだと思います。

あーーー、厄介www

チーム唯一の得点は糸井のホームラン(ソロ)のみ。
高目に浮いたチェンジアップで
いわゆる甘く入ったブキャナンの失投を捉えた結果でした。
それにしても・・・打球がえげつないったらありゃしないwww
失投を逃さず捉える糸井の打撃
お見事でした\(^o^)/


凡打を築く打撃陣のなかでも気を吐いたのが
鳥谷と北條。

開幕から無安打だった北條ですが
2回の1打席目で左安打。
やっと1本が出て本人もホッとしたのではないでしょうか。

その後の打席でも
2ストライクに追い込まれても何かやってくれそう ̄ー ̄)ニヤリ
そんな北條らしい雰囲気が出ていました。
9回の打席でもカウント2−2からの5球目を左安打。
得点には結びつかなかったけど
今日イチの北條らしさが出た打席でした♪


そして鳥谷。
開幕カードでは連日のマルチ安打+四球1つ。
そして今日は4の3で猛打賞!

毎年打撃に関してはスロースターターと言われていた鳥谷ですが
「打」に重きを置いたチームのなかで
まずはちゃんと打撃で結果を残して自分のポジションを死守せねば…
そんな覚悟が見えてくる気がします。

必死さを表に出すことはないけど
結果で示している
それが鳥谷の全て(答え)なのではと思います。

急造サードで気の毒ではありますが
今日は2度の三併殺打。

今年、鳥谷をキーマンに挙げる人が多いし
私もその一人です。

以前も書きましたが
鳥谷の「復活」ではなく
鳥谷が鳥谷らしくプレーできたら
必然的に結果を残せる選手だと思うし
そうなったらこのチームはもっと強くなれる…

今季福留がキャプテンを「預かっている」意味が
そこにあるのだと思います。



今日はブキャナンを攻略出来ずに終わりましたが
次回対戦までにはデータがもうちょい出る筈なので
チームがどうやって攻略するのか
次回対戦を楽しみにしたいと思います(^-^)/♪




さてさて問題?の阪神先発バッテリー 柱|ω・)
藤浪ー梅野です。

藤浪と言えば荒れ球=四死球
もうすっかり定着のイメージですが
そういうイメージ(投球)があったからこそ
WBCで代表に選ばれても登板機会を貰えなかったわけですよ。

その悔しさがあるなら
今季四死球を減らして行って(多少の荒れ球はOK)
いい意味で、さぶイボが立つ(痺れる)ようなw
ビシッと抑える投球をして行って欲しいと思って迎えた今日の試合でした。

ですが・・・

初回からスライダー(カットボール)が抜けまくりΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
ストレートもシュート回転。。。

ほな…いつもの小汚いやつ、どうぞ(^_^;)

(球種:st=ストレート、SL=スライダー、Cut=カットボール
    2=ツーシーム、ヌケ=抜け球、カケ=引っかけた球
    stシュート=シュート回転
 カウント:F=ファウル、s.k=空振り)

s_20170404_1.jpg



先頭大引を四球
続く坂口は三併殺打
せっかく2アウト取ったのに
3番山田は7球目で四球
4番バレンティンも6球目で四球
・・・で雄平タイムリーで先制点献上。。。

ここでちょっとした疑問

ほぼストレート系(フォーシーム、ツーシーム)と
スライダー系(スライダー、カットボール)で
この回頑張ってますが
なんで他の球種(カーブ・フォーク)の可能性を探ろうとしなかったんでしょ??

バッテリーで
ストレート系とスライダー系で組み立てて行きたかったから
それを調整する為にその球種を引っ張ってしまったんですかね〜?

ちょっと話逸れるかもですが・・・
WBC球を投げていた時の藤浪のスライダー系の球筋は
NPB球の球筋(昨季終盤)とは違うものでした。

WBC球での球筋は緩急を付ける為に有効だと思った球筋でしたが
本来NPB球でスライダー系…
特にカットボールを投げた時の球筋は三振を奪える球筋だった筈。

球が抜けまくっていたのもありますが
今日は本来の球が投げれていなかったんですよね。。。

でもようやく
『藤浪のカットボール』が投げれた!と思ったのが
4回大引の2球目

s_20170404_4.jpg


あ、あくまで個人的な意見です(^_^;)
お絵描きにも「☆この球!!」って思わず書きましたw

その後立ち直って・・・じゃないな…
本来(ええ時)の藤浪が戻って来てくれるかと思いきや
・・・

なんか・・・
気付いたら・・・
乱闘騒ぎで
バレンティンと矢野コーチが退場になって
警告試合Σ(゜д゜lll)

頭の中でみのもんたさんが乱闘を実況していましたwww
こういう場面は良からぬ事ですが
久しぶりにこういう熱い場面が観れるのも乙なものです。
ずずずずー(←お茶をすする音)www


結局藤浪は
5回 117球 5安打 9四死球 2失点
意外と失点少ない(小声)

今日の投球を観て思いましたが
WBC球とNPB球の狭間で
微妙な狂いが生じているのかも?

藤浪の代名詞
荒れ球
カットボール
ストレート

因みに荒れ球と言われてボールになっていたやつ…
ほぼツーシームと
ストレートのシュート回転したやつ。
ん??一緒なのか?www

NPB球のほうが投げ易いとは言え
今季の自分の投球の「感じ」をまだ掴みきれていない・・・
そんなふうに思いました。


2番手の遼馬と
3番手の球児
圧巻でしたね!!

そうそう…
調子のいい投手はリード出来る梅野ですが
やっぱり調子悪い投手の時に
助け舟が出せない。。。(lll-ω-)ズーン
ま、、、これは経験積むしかないと思います。

あと、、、
初回に話を戻しますが
坂口をゲッツーにした後に哲人に四球出した時点で
マウンドに誰か声を掛けに行って欲しかったなぁ。
こういう時に西岡が居れば。。。

バレンティンに四球出した後に
マウンド集合していますが
その一手前で切り替えるポイントが欲しかった。。。


終盤に追い上げムードはあったものの
あと一歩及ばず3−1で敗戦(T_T)

個人的には悲観するような敗戦ではなかったです。
藤浪の課題も見えたし
敗戦の中でも光るプレーはありました。

開幕ダッシュで取り残されるのは嫌だけど
チーム再構築の2年目で
昨季出始めた芽を大事に育てて行く年です。

あたたかい目で見守りましょう(^-^)/

明日の先発は秋山。
生命線は低目の制球です!
そこに注目して明日の試合を楽しみにしたいと思います♪






ポチして頂けると一気にヤル気スイッチがONになりますのでwww、
読んで良かったと思われる方はポチお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村
2017/04/02(日)01:41

4月1日 対広島戦。
また今日も試合は観れなくて
試合途中に一球速報の観戦。

仕事の都合上
来月頭まで毎週末は仕事で試合を観れないので
記事を書いても
「ちょっとした感想程度」になることをお許しくださいm(_ _)m

・・・で
愛用しているスポナビの一球速報で
試合中盤だけチラ見出来たのですが
それまでの経過の四球の数と
観ていた間での四球の数で
ぶっちゃけ試合になっていないと思ってしまいました。

あの一球速報だけの画面でも
面白い試合は惹き込まれてしまう事がありますが
今日ははっきり言って観る気が失せてしまったくらい
酷いと思ってしまいました。

実際に現地で観戦された方や中継を視聴していた方は
それ以上に感じるものはあったと思います。

延長での四球は記録にカウントされないそうなので
四死球のワーストタイの試合になってしまったようですね。
両軍合わせて(阪神13、広島13)の26四死球。

お話になりませぬwww

あ、そう言えば4月1日はエイプリルフール!
きっとジョーク込みの試合だったんだ〜( *´艸`)ムププ
(・・・なわけないwww)


昨日今日と原因は異なるかもしれませんが
スコアだけ観ていると
神宮でのヤクルト戦にありがちな
ノーガードの撃ち合いみたいな乱打戦w

本来ズムスタって
乱打戦になるような球場ではないと思うのですが…。

球審のゾーン判定の問題?
マウンドの問題?

いずれにせよ
ワースト記録に並んでしまうような状態は
何かしら問題があると思います。

明日も荒れた試合内容になってしまうのか?
とりあえず
落ち着いた内容の試合(スコア)を期待したいですね(^_^;)

失策については
無いに越した事はないのですが
暫くは既定路線と捉えて目を瞑ろうかと思いますε=┏(; ̄▽ ̄)┛

荒れた内容の開幕カードですが
勝ち越して
ホーム開幕を迎えられればと思います。






ポチして頂けると一気にヤル気スイッチがONになりますのでwww、
読んで良かったと思われる方はポチお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村









プロフィール

渡辺翔子

Author:渡辺翔子
2010年に西宮にちょろっと住んでしまったが為に洗脳されw、
虎キチの仲間入りをしましたwww
最初は外野でワイワイやってるのが楽しかったのですが、
「野球(配球)が分かったら、もっと楽しめる筈」と思い、
日々勉強中。
野球経験が無いですが、バッティングセンターにも通って代打で出場する事を夢見るアホですwww

無償の愛で阪神タイガース応援中。
『脳内虎パラダイス♡』

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

 | とらみくすTOPへ |  Next
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX