--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/10/14(金)03:08

今日はちょっと巨人の選手の話です。
そんな話は読みたくないという方は
ここでウィンドウを閉じてもらって大丈夫です(^_^;)

私は巨人という球団は嫌いですが
この選手凄いなぁと思う選手は居ます。
そのなかの一人が今季限りでの引退を発表した
代走のスペシャリスト鈴木尚広選手です。

あのいやらしく光るオレンジ色の手袋が憎たらしかったw
ここぞという場面で登場し
走ると分かっていても止められず
いとも簡単に盗塁を決めてくる(; ̄O ̄)

引退会見のなかで
「心が離れていった。
 心技体、ひとつが欠ければ勝負出来ない。」
その言葉が印象的でした。

盗塁をする時に
最後に自分にGOをかけるのは
持っている技術や体力ではなく
心の部分だと思います。

CSで牽制死した場面は
心が離れて行ってしまった象徴のような場面になりました。

引退を決意したのは
自分が代走という道で生きてきたなかで
盗塁と同じで
迷いが生じたら走れないし
走り続ける事ができないと思ったからだと思います。

凄い選手と思っていたからこそ
イヤな選手でもありました。
20年間お疲れ様でした。


先日引退した福原投手もそうですが
自分がこだわり続けたものに誇りを持っているからこそ
そこに100%の力を注げなくなったら終わり…ってことなんでしょう。。。

自分はこれだったらチーム内の誰にも負けない
そう思って何かにこだわりを持って磨いている阪神の野手って
居るかもしれないけど私にはそれが見え辛いです。
なんか…器用貧乏な選手が多い気がして(^_^;)

マルチプレーヤーを増やしたところで
困った時には使えるかもしれない。
でも勝負所で使える選手を育てて欲しいと思います。

監督が「おまえのそれに懸ける」
そう言える様な選手が出てくる事を願います。






ポチして頂けると一気にヤル気スイッチがONになりますのでwww、
読んで良かったと思われる方はポチお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2016/10/02(日)03:53

10月1日 対讀賣戦
2016年シーズン最終戦です。

先発バッテリーは
10勝目を懸けてマウンドに上がった岩貞と
捕手は今季大抜擢&大活躍した原口

初回の岩貞
とにかく全体的に球が高かった(; ̄O ̄)
アウトローを狙ったストレートはことごとく高目に抜け
スライダーも甘めに入ったり。。。
2アウトから2安打されたものの
最後はギャレットを空振り三振。
なんとか無失点。

2回もまだ修正できずに
得点圏にランナー背負ったけど
なんとか無失点。

ランナー溜めては一発喰らう…
そんな投球を数ヶ月前にはしていたのに
悪いながらも何とか抑えられるようになった姿に
ちょっと感動したりして。

3回からはだいぶ修正できて
岩貞らしい投球が見れるようになりました。

7回を無失点。
その間に野手陣が得点を重ねた事で
5点リードとなった8回
金本監督からボールを受け取り
福原が最後のマウンドに上がりました。

配球も何もないですが
これが最後の投球。

福原ラスト


試合後に福原本人が
初球はちょっと引っ掛けてしまったと言っていたこともありボール。
2球目のストレートを見て涙腺崩壊(T_T)
ナイスボールでした!

昨季までの糸を引くようなストレートではないけど
今季の序盤抹消前や夏にファームで見たストレートは
高目に浮いてしまう球威ない球…
そんな球ではなく勝負できる球になっていました。

大切にしてきた自分本来のストレートが投げられないから…
それが身を退く理由なだけに
今日の全3球は渾身のストレートだったと思います。

本来の福原の球威は戻ってなかったけど
最後に気持ちが籠った勝負するストレートを見れて
本当に良かったです!

1打席勝負の後は安藤
9回はルーキー望月
両投手ともに球に力があり
ナイスピッチングでした!


試合中にテレビ中継で紹介されていた岩貞の談話
(アナウンサーが喋ったままを書き起こしています)

「(今年の変化のキッカケをくれたのは実は福原だったと言います。)
 去年の夏1軍で先発してノックアウトされた後
 帰りのバスで福原投手から隣りに座れと
 岩貞は声を掛けられました。
 その時に伝えられたのは
 自分のストレートがどれだけ通用するのかを
 自分で知る必要があるんだ
ということでした。
 その後試しに2軍の試合で
 ストレートの真っ向勝負を試みたという岩貞ですが
 全く通用しなかったそうです。
 その時に初めて自分のボールの無力さ、そして現実を知って
 この後フォームを変えるという大きな決断をすることが出来ました。
 そのキッカケをくれた福原さんには本当に感謝しているんです。」


宜野座のブルペンではいつも観客席に一番近いところで投げ
球数もそんなに多くは投げず
自分が投げ終えてからは
捕手側からチームメイトのピッチングをよく見ていたりしていました。

試合前、外野での投手練習中
駆け寄って来た梅野に
いろいろとアドバイスをしている姿も見かけた事があります。

私が見たものはきっと氷山の一角で
福原がチームメイトに送った言葉は
計り知れないと思います。

試合後の引退セレモニーでは
先発した岩貞をはじめ能見や藤浪も泣いていましたが
きっと福原が与えてくれたものが大きかったからなんだと思いました。


先に書いた岩貞の談話にもあるように
私が藤浪の記事を書いていても思いましたが
ストレートの大切さ。

福原の最後の投球で
それを改めて示してくれたと思います。



シーズン最終戦も勝利して7連勝。
最高の試合で今季143試合を終えました。

今季は守備のミスが多かったり
やっぱり盗塁や本塁打が少なかったり
順位なりの結果ではありますが
若虎の台頭もあり
今季蒔き続けた種が終盤になって
ようやく芽を出し始めました。

来季の超変革シーズン2は
どんな野球を魅せてくれるのか
終わったばかりですが今から楽しみです♪


そして最後に・・・
福原投手
個人的な事を言えば同い年なので
いろいろと心の励みになっていました。
第二の人生は…
やっぱり投手コーチとして阪神に戻って来て欲しい。
たぶんそう遠くない話になると思いますが。。。

18年間ありがとうございました!
そして、お疲れ様でした!!






ポチして頂けると一気にヤル気スイッチがONになりますのでwww、
読んで良かったと思われる方はポチお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村
プロフィール

渡辺翔子

Author:渡辺翔子
2010年に西宮にちょろっと住んでしまったが為に洗脳されw、
虎キチの仲間入りをしましたwww
最初は外野でワイワイやってるのが楽しかったのですが、
「野球(配球)が分かったら、もっと楽しめる筈」と思い、
日々勉強中。
野球経験が無いですが、バッティングセンターにも通って代打で出場する事を夢見るアホですwww

無償の愛で阪神タイガース応援中。
『脳内虎パラダイス♡』

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

 | とらみくすTOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。