2016/09/22(木)19:34

9月22日 対広島戦
先発バッテリーは藤浪ー梅野

今季は藤浪らしからぬ投球ばかりで
その内容も散々でした。

元々ストレートが荒れる投手ではありましたが
昨季までは球が荒れていても
打者を打ち取れる球質も球威もあったし、
配球のなかで荒れ球を助けていた変化球がカットボールでした。

今季のストレートは球質も球威も伴わないただの荒れ球。
そんなストレートが大半でした。

今季藤浪が組んだ捕手は
梅野・原口・岡﨑・鶴岡・坂本。
他に1軍登録された捕手は清水と小宮山がいましたが
シーズン当初の一時的なものだったので、
先発投手のなかでは
一番多くの捕手に球を受けて貰ったのではないかと思います。

それだけ
藤浪本人やバッテリーを組んだ捕手、それに首脳陣も
試行錯誤した1年だったと思います。

残り試合からすると
今日は今季藤浪が最後の登板となる試合、
勝敗よりも投球内容が気になった試合でした。


まず初回。
2アウトから丸に四球を与えてしまいますが
これは際どいコースを狙って攻めて行った結果の四球。
球が荒れてしまって出した四球ではなかったので
もったいなかったです。
次打者ルナは三ゴロ。
ストレート主体で攻めて
そのストレートはシュート回転してはいましたが2三振も奪い
まずまずの立ち上がり。

2回以降もほぼストレート主体の配球でした。
変化球を使うのはカウント稼ぐ時や見せ球で
勝負所は大体ストレートだったし、
勝負できる球威・制球が
今日のストレートにはありました。


今季の藤浪登板の全ての試合を観れているわけではないので
ザックリとした印象ですが、
どの捕手も変化球に頼らざるを得ない配球をしていました。

それは藤浪のストレートの質が悪かったから
苦肉の策だったと思います。
そこで主に頼っていたのがカットボールであり、
その精度が悪ければ終わってしまう…
そんな投球が多かった様に思います。

でも今日は変化球に頼る事なく
ストレートで勝負する事が出来ました。

フォームとか調整したのが
いい結果に繋がったと
試合後に藤浪が言っていました。

どう修正したとか細かい事は分かりませんが
とにかく今季中に結果が出せて良かったです。
間違いなく今季一番の好投でした!

やっと本来の藤浪が帰って来ましたよ〜。
おかえりなさ〜い\(^o^)/


そして、その藤浪をリードした梅野。

打撃よりも守備に重きを置いた結果
打撃での魅力は無くなってきてしまったけど
捕手としての魅力は私のなかでは増して行っています。

初回から変化球に頼ることなく
基本であるストレートをしっかり投げさせて
その球の質を見極めてから組み立てを考える。

今日はそのストレートが良かった事もありますが
バッテリーで考えて組み立てて
出せた結果だと思います。


余談ですが・・・
能見ー坂本のバッテリー。
坂本は変化球に頼るところがあると思います。
能見のクロスファイア、少なくなっていませんか?
まだまだ決められると私は思っていますよ。


やっぱりストレートがあっての変化球。
藤浪がようやくそれを出来たのが今季最後かもの今日の登板ですが
苦労して掴んだものは必ず身に付くものだし
不甲斐無い1年だったかもしれないけど
自身を成長させる為に必要だった道のりなのかもしれません。

阪神のエースになる為に・・・ ̄ー ̄)ニヤリ






ポチして頂けると一気にヤル気スイッチがONになりますのでwww、
読んで良かったと思われる方はポチお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村
2016/09/07(水)22:31

9月7日 対讀賣戦
先発バッテリーはメッセンジャー/原口。

メッセの1、2回
全体的に球が高かったです。
特にストレートが抜ける(高目に浮く)事が多かったと思います。

初回先頭長野の3球目カーブを左安打にされました。
打者一巡して
3回長野の第2打席の初球・・・

打たれたカーブから入って
ストライク!

打たれた球種だからと選択肢から削除することなく
次打席の初球から使って行ったのは
とてもいい攻め方をしているなぁと思いました。

・・・とは言え、
今日のメッセンジャーは
球が甘めに入って打たれる…
その連続でした(; ̄O ̄)

バッテリーで勝負仕掛けるのも遅かったと思うし
メッセ本人の調子がイマイチだった事もあって
球数が多かったのだと思います。


また今日もエラーがありましたが
甲子園で守りきれないチームは勝てないって
ただそれだけの事です。


あと気になったのが
まぁ…今に始まった事ではないのですが、
シーズン当初の金本監督の言葉を憶えてますか?

いつもいつも攻め続ける野球は
 逆手に取られたりするし
 良い事ばかりではないけれど
 失敗しても読まれてもいいから外されてもいい。
 僕が恐れたら選手も恐れるから
 このままの姿勢を続けて行く。


そう言っていたんですよ。
その言葉に私はとても感銘したし
シーズン最後までその姿勢を貫いて欲しいと思っていました。

でもいつからか
無難な攻め方というか
消極的になって行っている気がします。

エンドランとか自動スタートではなく
塁に出たら貪欲に次の塁を狙う姿勢が
シーズン当初にはあったと思います。

相手バッテリーにとって
仕掛けられる怖さが
今はほぼ皆無になっている気がとてもするんですよね。

昨日の菅野、今日の田口。
毎回出塁しても散発で繋がらないのは
積極的に仕掛けていないからではないですか?

相手バッテリーや守備を揺さぶる事もできず
無難な攻撃しか出来ないようであれば
いくら若手が育って来たとは言え
昨季までの和田監督の秋の失速と同じ負け方だと思います。






ポチして頂けると一気にヤル気スイッチがONになりますのでwww、
読んで良かったと思われる方はポチお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村
2016/09/01(木)23:27

9月2日の予告先発は・・・
ファームで好投し
昇格後に中継ぎでも結果を残した秋山です。

「また秋山か…(諦め)」と思う人は多いと思います。

毎年ファームである程度の結果を残して昇格しても
1軍の試合では力を出し切れずに勝てない…
そんな試合をたくさん観てきたから
そう思ってしまうのは仕方の無いことだと思います。

でも、、、
秋山の球質が変わったなぁと
個人的には思うのです。

投球の基本となるストレートに今は球威があります。
球速よりも大事なのが球威です。
読んで字の如く『球の威力』ですね。

テレビで観戦していると球威がある球は
捕手のミットに吸い込まれる様に見えます。
掃除機でシュボッと吸われている様な感じですwww

先日の登板で球速は146キロで尚且つ球威ある球を投げたりしていたので
実際に打席に立った打者は
それ以上に感じているのではないでしょうか?

中継ぎ時の投球を観る限りでも
アウトローいっぱいに投げられる制球力がありました。

昇格後すぐに先発に回さずに中継ぎを経験させた事は
打席での勝負をよりシビアにして
1打席、1イニングを抑えなければいけないので
秋山にとってはいい経験になったのではないかと思います。

主にカーブやカットボールの変化球のキレも
ここ最近は良かったと思います。

ファームで秋山先発で好投した試合も観戦したし
中継ぎでの投球も良かったから
1軍先発の試合は個人的にはとても楽しみにしていました。

まずは立ち上がりで自分の球を落ち着いて投げられるのか?
イニング(球数)が増えて行った時にストレートの球威と制球がどうなのか?
バッテリー間で変化球を巧く使えるのか?
それが明日の試合では楽しみです♪

前回対戦時よりも打線の勢いが活発になった横浜打線ですが
秋山には自信を持って臆することなく
腕を振って自分の投球をして欲しい。

そして…
野手陣には早い回での援護点を期待しつつ、
秋山自身も9人目の打者として奮起して欲しいと思います。

頑張れアッキャマン!






ポチして頂けると一気にヤル気スイッチがONになりますのでwww、
読んで良かったと思われる方はポチお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村
プロフィール

渡辺翔子

Author:渡辺翔子
2010年に西宮にちょろっと住んでしまったが為に洗脳されw、
虎キチの仲間入りをしましたwww
最初は外野でワイワイやってるのが楽しかったのですが、
「野球(配球)が分かったら、もっと楽しめる筈」と思い、
日々勉強中。
野球経験が無いですが、バッティングセンターにも通って代打で出場する事を夢見るアホですwww

無償の愛で阪神タイガース応援中。
『脳内虎パラダイス♡』

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

 | とらみくすTOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX