--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/05/28(土)23:43

5月28日 対讀賣戦
先発バッテリーは岩崎ー原口

今日の試合の話をする前に
ちょっと書いておきたい事がありまして。。。

私のなかに
各投手のベストピッチの試合が記憶の中に刻まれています。
何を決め球にどう攻めたのか。(だいたいですが…w)

各投手のその日の調子を見る時に
それと比較する事で
各球種のキレや配球を比較していたりもします。

そういった意味で
今日先発の岩崎の私のなかでのベストピッチは
2015年8月2日の投球でした。

対ヤクルト戦で
3巡目辺りで捉えられたしまった様に思いますが、
それまでは
とにかくスライダーのキレが良かった事と
それを活かす為のストレートとチェンジアップを
小宮山がうまく使いこなしていた試合でした。


そして…今日の試合。

序盤、一番良かったのはストレート。
それを軸に原口もリードしていました。

ただ…スライダーのキレや高さも甘いし
他の変化球もイマイチ。
だから、割と早い回でつかまってしまうのでは?と思っていました。

3回にエラー絡みで失点。
でもね、、、クルーズの初球で原口が球を取り損ねて(記録はワイルドピッチ)、
四球で出した坂本を得点圏(2塁)に進めるという墓穴掘ってるんですよ。
勿論エラーが一番頂けないんですけどね。

岩崎が3巡目や100球の壁を越えて
7回重信に四球を与えてしまい
123球で降板。

よく投げきりました。
原口もそこまでリードした功績はあると思います。

でも!!
重信に与えてしまった四球。
岩崎がうなだれたように
あれは後味悪い四球になってしまいました。

昨日も書いたように
…ていうか同じ重信に対して
同じような四球の出し方。

はい、いつもの小汚いやつ…どうぞ(^_^;)


<5月27日 4回 岩貞 対 重信>

0527重信


<5月28日 7回 岩崎 対 重信>

0528重信


攻めた結果でも
防げた(出さずに済んだ)四球だと思います。

最後の球まで厳しいとこをストレートで決めに行ってますが
変化球を使って打たせて取る
という考えにシフトしてもいいと思うんですよね。

昨日も今日も
この四球が得点に絡むことはなかったですが、
それでも今日の岩崎にとっては
痛い四球になってしまった事は確かだと思います。


原口の打撃での貢献度はとても大きいです。

落ち着いてボール球を見抜く選球眼や
得点圏にランナーを置いた時の勝負強さ。
今日の9回のHRも
とても貴重なダメ押し点になりました。

試合も4−6で勝ちましたけど、
私は岩崎がマウンドでガックリした姿と
その四球の出し方が納得の行くものではなく、
素直に勝利を喜べません。

打撃よりも守備に重きを置いている原口だからこそ
一番は本人が自覚しているかと思います。

打撃が素晴らしいのはいい事だけど
それを
もてはやされる選手にはなって欲しくはないのです。

ベンチをひたすらあたためる日々を送っている岡﨑
開幕後一番スタメンマスクが多かったけど降格した梅野
昇格後2試合だけのスタメンマスクで降格した清水
昇格後スタメンマスクの機会すら与えて貰えなかった小宮山や坂本
ファームで投手本人の良さをリードで伝えている鶴岡
怪我しちゃった小豆畑

それら阪神捕手陣を上回るものがあると思うからこその
日々のスタメンマスクなわけでしょ?!

ここ最近の原口を『守備面』だけ観たら
他の捕手に任せたいと思う試合は結構あります。


あ。。。原口をディスってるわけじゃないですよw
捕手みんな好きだし頑張って欲しいからこそのゲキです。

スタメンマスクが暫く原口固定で来ていますが
例えば…
藤浪を鶴岡と組ませてみたり(←しつこいwww)
ファームから先発投手を上げる時にセットで捕手も上げて組ませたり
(5/25ヤクルトのデイビーズと西田のバッテリーみたいな…)
ちょっと原口をお休みさせて
違うバッテリーを見させるのもありだと思っています。


正捕手の筆頭好捕は現状原口だと思いますけど
彼の成長の為に
チームの成長の為に
捕手陣再競争の為に
原口をどこかで外してみるというのも有りだと思っています。

あ、、、交流戦で原口DH起用。
その間に他の捕手お試しは有りかなぁ?。。。






ポチして頂けると一気にヤル気スイッチがONになりますのでwww、
読んで良かったと思われる方はポチお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2016/05/28(土)01:02

5月27日 対讀賣戦
先発バッテリーは岩貞ー原口

岩貞の事を書く前に
まず相手先発の菅野の事から。

今季3回目の対戦になります。
1回目の対戦はワンシームとカット・スライダーで横の揺さぶり
2回目の対戦はひたすらスライダー中心に…けちょんけちょん(>_<)

今日はどんな攻め方をしてくるのか楽しみにしていました。
・・・が、
どうした菅野?Σ(・ω・ノ)ノ

昨日の小川もそうだったんですが
制球も微妙に悪くて球も走ってないし
エースらしからぬ投球。

そんな立ち上がりの悪さを攻めて
ゴメスが遊安打(坂本三塁悪送球)の間に1点先制。

その後は菅野が本調子ではないにせよ
尻上がりで調子を上げて行きました。

今日は初回にワンシームが抜けて原口に死球を与えてしまったせいか
この球をあまり積極的に使うことはせず、
カーブで緩急を使ったり
スライダー・カットで横に揺さぶりながら
中心にしていたのはストレートでした。

菅野から6安打はしましたが
チャンスであと1本が出ない状況は今日も同じでした。



さて…今度は阪神バッテリーの話を。

初回は岩貞本人も緊張したと言っていましたが
大田初球と重信の2球目までの計3球は高めに抜けていました。
でも2人の早打ちに助けられた感じもあり
続く坂本はチェンジアップで二直に取り
初回は三凡。

以降はスライダーやチェンジアップを中心に
ゴロアウトや奪三振を重ね
8回を投げ終えて118球無失点。

9回は、、、、
マテオが連夜の失点ということもあり
チームもファンも岩貞と心中する心境だったと思います。

結局9回続投で4番クルーズからの打順
3つのフライアウトを取り、三凡。
ゲームセット!

もう…9回は泣きながら観てました(T_T)

スミイチ、完封勝利\(^o^)/
126球、素晴らしい投球でした!!


ここで記事を締めて気持ちよく終わってもいいのですが
やっぱり気になるんですよね〜
原口が(^_^;)

配球のなかに『隠れムダ球』がある気がしてならないんです。

例えば5回先頭村田の打席。
Yahoo!一球速報様から画像をお借り致しますm(_ _)m

0527村田



3球目にスライダー(ゴロ狙い)とか
フルカウントになってからの6球目に
チェンジアップ使うとかじゃダメだったのかなぁ?
9球も要さずに、この打席の勝負は出来たんじゃないでしょうか?

あとは4回に重信に対して与えてしまった四球も
出さずに済んだ四球だったと思ってしまいました。

球を後ろに逸らしてしまう事や
盗塁を刺せない場面も多くなってきました。

今、一番打撃に期待出来るのが原口と
監督自ら言っているし
チームの打撃状態が上がってこないなかで貴重な存在だと思います。

原口には失敗を糧にして成長して行って欲しいと願いつつも、
個人的には配球でもうちょっと助けられる投手が居ると思うだけに
もどかしい思いをしている毎日です。

投手の調子が良ければ
捕手は割と楽にリード出来ると思うのですが、
今日のような岩貞の調子が良かった試合だからこそ
もうちょっと楽に出来た場面があったかも…と思ってしまいました。



とりあえず今日は岩貞が完封の大金星☆彡
今季無敗の菅野に初めての黒星を付けられたことを
素直に喜びたいと思います♪






ポチして頂けると一気にヤル気スイッチがONになりますのでwww、
読んで良かったと思われる方はポチお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村
2016/05/26(木)23:52

5月26日 対ヤクルト戦
先発バッテリーは藤浪ー原口

ここ最近の藤浪にしては良かったほうだと思います。
対左打者へのツーシーム。
カットボールも良かったほうだと思います。

が・・・
本来の藤浪にはまだ程遠いですね(lll-ω-)ズーン

今日は
3回大引の2球目と6回雄平の2球目にカーブ投げています。
前者はナイスボール、後者はクソボールw

あの球が抜けずに使えるようになったらなぁ…と、
あ…それ、前にも書きましたねwww
あれが使えたら投球の幅が広がるんですけどね〜。。。

6回114球で降板かと思いましたが
7回まで投げて131球。
高校球児かっw

またしても星は付かなかったですが
リリーフ陣の事を考慮して
チームの為に投げ切った藤浪に拍手を送りたいです。

同点のまま8回は髙橋。
ナイスリリーフでした!
きっちり三凡。

問題はマテオ。
クローザーは無失点で抑えて当たり前で
厳しい立場ではあるのですが
連夜の失点は、、、頂けないですね(lll-ω-)ズーン

3月に
「スライダーの善し悪しで腹を括らなきゃ行けない日が出てくるのかな?」
…と書きましたが、
スライダーの善し悪しという以前に
勝負を出来る荒れ球ではなく制球難だし
決め球のスライダーにもキレがないです。

本当なら
先発で試合をある程度決められるくらいの展開にして
休ませてあげられればいいのですが、
今のチーム状態からしても
それはあまり望めず。

調整の為に抹消するにしても
代わりが球児だとちょっと不安だし
そうなると石崎の故障って痛かったなぁと思います。

ドリスと入れ替えられるまでは我慢かなぁ?

若手のミスは「これも経験。次、頑張れ!」と見れるのですが、
助っ人は結果を残すのが当たり前な厳しい立場。

マテオの失点やヘイグの守備には
どうして厳しい見方になってしまいます。


厳しい見方繋がりで言えば・・・(^_^;)
中村の配球って凄い読み易いwww

配球読み切ってバット振ってない場面が結構あったと思います。
…と同時に、
このカードで安打数が多かったのは
チームの打撃状態が上がったからではなくて、
配球の読みと投手があまりいい状態ではなかったからだと思います。

まだまだ正念場は続きます 柱|ω・)



明日からはカードが変わって讀賣戦。
ヘロヘロ同士の戦い(^_^;)
お互いがこんなチーム状態でやって欲しいカードではないんですけどね。

明日の公示(登録・抹消)で動きがあるかもしれないので
そこに期待しつつ、
菅野をどう攻略するかに注目したいと思います。






ポチして頂けると一気にヤル気スイッチがONになりますのでwww、
読んで良かったと思われる方はポチお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村
2016/05/25(水)23:16

5月25日 対ヤクルト戦
先発バッテリーは横山ー原口。

仕事で試合が観れなかった事と
ちょっと思うとこがあり
ブログの更新をしていませんでした。

思うとこっていうのが、、、
原口の配球なんですよね。

スタメンマスクをかぶり始めた頃は
もうちょっと大胆に攻めて
なおかつ丁寧にリードしていた印象があります。

それが試合数をこなし
難しく考え始めてしまっているせいなのか
その良さが失われてきている気がします。

ここのところ
先発の球数が嵩んで早い回で降板。
リリーフ陣連投。

そういう試合が多いですが
先発陣みんなが調子悪いわけではないと思うし
球数を減らす事は可能だと思います。

何故そう言いきれるか?
勝負に行く球が
一球遅いと思う事が多いから。。。

打たせて獲りに行ってもいいと思う場面でも
勝負に行く事が多い気もします。

勝負球でインコースストレートを使う場面をよく見ますが
投げきれずに痛打や四球だったりして…、
もうちょっとそこで使える変化球があると思います。

球数を減らせなければ
投手陣全体に負担をかける事になってしまう。
それを続ける事はどうしても避けたいです。

今日のバレンティンの2本のHR。
打たれたのは、いずれもストレート。
横山の失投でしたが
ストレートで勝負するところではなかったと思います。
フォークやスライダーを使って欲しいと予想しただけに
痛い一発になりました。

サヨナラ打の今浪の打席もそう。
球児のストレートは高目に抜けていたし
そのストレートで釣ってもいたけど
それならば3球目にフォークで落としても良かったのでは?
4球目も然り。

原口が球を後ろに逸らして進塁という場面はよく見るし
1アウト2、3塁でフォークを後ろに逸らしたら
THE END…な場面だったけど
同じコースに同じ様な球が来たら
そりゃ打たれますよ。

逆の立場で見てみれば
そうやって打ったのが
8回の狩野の同点打だもん。


原口の打撃がいいだけに
スタメンマスクから外すことはないと思いますが
球数を減らさないと
この先さらに投手陣が厳しくなると思います。

原口も疲れて大変だとは思いますが
まずは球数を減らす配球を。






ポチして頂けると一気にヤル気スイッチがONになりますのでwww、
読んで良かったと思われる方はポチお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村
2016/05/19(木)01:34

5月18日 対中日戦
先発バッテリーは横山ー原口。

前回登板時の感想で
「スライダーをもうちょっと低目に決められたらいいかな」
…と書きました。

今日の序盤で気になったのは
左打者に対してのスライダーはアウトローいっぱいの
いいとこに決められるんですが、
右打者に対してのスライダーはちょっと高いかな…と試合中には思いました。

が・・・
右打者に対しても左打者と同じスライダーを投げたら
変化するポイントがちょうど打ち易いところに行ってしまうから
敢えてそうしてるだけなのか?…と
お絵描きを見直して思ったりしました(^_^;)

あと気になったのは
1塁ランナーを刺す為のウエストは別として
原口が明らかに1球外に外す球がたまにあること。

それぞれがカウントもアウトの数も走者の有無も違うから
何かしらの意図を持ってやっている時があるのも分かるのですが
それが分からない場面もあり。。。

次の球(の配球)に繋がるものかと思っても
そうでない時もあります。

まだ原口の配球が読めないことも多いのでw
これからも気にしてみたいと思います。

あ!あと、、、
原口がランナーで三本間に挟まれた場面。
もうちょっと粘れれば塁上のランナーを進めることができたかな?
…と思いました。

原口繋がりの話はここまでにして…
先発横山以降のことを。。。


6回1アウト1、2塁になったところで
横山から石崎へ『新日鉄住金鹿島リレー』

前回はここに榎田が挟まりましたがw、
このリレーは心理的にも
石崎が投げ易い状態にあるのかもしれません。
「横山のあとは俺が抑える!」みたいな。。。

…と同時に首脳陣も
面白い起用をしてきたな、と思いました。

迎えた打者は4番ビシエド((((;゜Д゜)))))))

全球ストレート勝負だったので
配球も何もないんですがw
いつもの小汚いやつをどうぞ(^_^;)

0518ビシエド


対ビシエドの圧巻だったのは3球目。
真ん中でしたが
石崎のストレートの球威が強打者ビシエドを上回りました!!
4球目は『ビシエドお得意コース』をファウルにさせています。


去年のキャンプのブルペンで
石崎のストレートを間近で観て惚れました(*´ω`*)♡
それはインローをズバッと突くストレート。

私自身がそれの残像に拘っていたこともあり
石崎のストレートに制球を求めてしまいました。

もともと…
荒れるストレートが社会人時代からの売りだったようですが、
昨季リリーフと今季のファームでは
その荒れ方がストライクゾーンの中
もしくは近いところで荒れるわけではなく、
バットを振ってもらえない、自分の首を締めてしまうような…
ボール先行になってしまう荒れ球でした。

そういう時でもストレート勝負をさせた鶴岡。
【1、2軍の捕手4人】
きっと、、、
今日の石崎みたいになって欲しいっていうメッセージが
あの配球にはあったのかもしれません。

石崎の前回登板時や今日の投球。
荒れ球具合はファームで観た時よりも小さくなっている気がします。
(ゾーン内・近辺で勝負出来る)

あの日(キャンプで)観たストレートが頭の中にあり
ストレートの制球を求めてしまいましたが、
きっと石崎のストレートはそういうものではなかったんですね。

ストレートの球威で勝負できる投手。
改めて石崎のストレートに惚れ直しました。

石崎のストレートを
新日鉄住金鹿島の「鉄」と
名前の「剛」を合わせて
『剛鉄ストレート』と勝手に命名させて頂きますwww

因みに、、、
イニング跨ぎをしましたが
先発登板もしていた経験があったので
私はそこまで心配していませんでした(^_^;)


8回は榎田・安藤。
9回は、、、
故障様子見?のヒゲコンビではなく、
球児でしたΣ(・ω・ノ)ノ

感動。。。(T_T)

球速は出ていないものの
ストレートに球速以上の球威は感じられました。
野本の初球は137キロでボールでしたけど
私見では今日の球のなかでは一番球威があって
ナイスボールだったと思います。

捕手も球児に合わせて9回から岡﨑に代わりましたが
ストレートで勝負させて三凡!
本当にいい試合の締めでした\(^o^)/


超変革は野手の起用だけではない。
続投にも超変革が見えた試合でした。

この流れで
このカード、
勝ち越し決めたいです!!!






ポチして頂けると一気にヤル気スイッチがONになりますのでwww、
読んで良かったと思われる方はポチお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村
2016/05/18(水)00:55

5月17日 対中日戦

今日一番書きたいことは
このあと書くので
その前にちょっとだけ。

鳥谷の終盤のエラー。
名手と言われた選手がやるプレーではないし
あんな鳥谷は見たくないです(>_<)

記録に対するモチベーションや
それをいつかは断ち切らなければいけない辛さは
監督自身が一番理解しているのでは?と思うし
苦しむ事ではないかと思います。

今はもう
これ以上は書きません。

鳥谷はチームにとって必要な選手だし
チームを引っ張って行かなきゃいけない選手。
頼みますよ、キャプテン!!!!


他にもミスがあり
勝てた試合をまた落とした感はありますが
それを愚痴っても仕方ないので、
『とらみくす』らしく書こうと思います。



先発バッテリーは
メッセンジャーと原口。
もう組むのは3回目になりますかね。

やっと…観たかったメッセンジャーの投球が
今日観れた気がしました。

私が今季しつこく言っていた
カーブの使い所。
それを巧く使った配球です。

原口のカーブの使い所もそうですが
メッセのカーブの精度も
今季一番良かったと思います。

ちょっと高目に行ったカーブもありましたが
殆どが、ベルト下から膝近辺くらいの高さに来る
理想的なメッセのカーブでした。

奪三振王のタイトルを獲ったこともあるメッセが
今季ここまでの1試合の奪三振数はちょっと控え目で(^_^;)
カーブが巧く使えれば
その数は伸びると思っていました。

それが出来たのが今日の試合。
奪三振数は9で
そのなかでもカーブで奪った三振は4つ。

カウントを取りに行く時にも使ってはいますが
2ストライクに追い込むまでに緩急やコースを巧く使ってから
カーブを決め球にもしていました。

今季はここまであまり見られなかった配球では?
と思います。

そんな配球にキャッキャ(*´ω`*)♡しながら
試合を観ていましたがw
今日一番テンションが上がったのが
8回2アウト、ナニータの打席。対ドリス。

いつもの小汚いやつどうぞw
(球種:st=ストレート、Fk=フォーク、つり=つり球
 カウント:S.k=空振り)

0517ナニータ


初球はフォークを空振り。
2球目のつり球がインハイの絶妙なところに入り、見逃し。
3球目に配球クイズではスライダーと予想しつつ
落としてフォークでも良かったかなぁと思ったのですが、
3球目にバッテリーが選んだのは
2球目と同じストレートのつり球でしたΣ(・ω・ノ)ノ
結果は空振り三振で3アウトチェンジ!

痺れました〜(*´ω`*)♡
いいですね〜、原口。
LOVE♡www

今後もますます楽しみになりました♪


それにしてもナニータって
何気にいい守備しますよね〜。
上空を飛んでいる鳥さん達へ。
またFISH BOMBしてくれてもいいんだよ(自棄)www


明日は横山の好投に期待しつつ
野手陣にはミスで試合を落とす事はしないように
してもらいたいと思います。




オマケ。。。

2000本安打を達成した新井貴浩。
今日の試合前に山本浩二氏から
名球会のブレザーを贈呈される(着せてもらう)際に
頭をはたかれていましたが、
後にも先にもそんな選手っていないと思う(爆)www
みんなから愛されてますね( *´艸`)ムププ
改めて、おめでとうございます(^-^)/






ポチして頂けると一気にヤル気スイッチがONになりますのでwww、
読んで良かったと思われる方はポチお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村
2016/05/14(土)02:15

5月13日 対DeNA戦
先発バッテリーは藤浪ー原口。

序盤の制球が落ち着かないところで下位打線に連打され
先制タイムリー(; ̄O ̄)

でも今日の藤浪、
尻上がりに調子を上げて
私見では5回からがとても良かったと思います。

そのなかで5回先頭戸柱の初球126キロ、
あの球なんだろ?
スライダーかなぁ??
カーブだともうちょっとクソボールw(小声)になりそうだけど。
同じ球を4回の山下の3球目にも投げてると思うんですよね。。。

ま、カーブでもいいんですけど、
あの球の精度が上がって使えるようになれば
藤浪の投球にも緩急が増して
更に進化出来るような気がします。

ここ数試合の藤浪は
ツーシームだと思った球がフォークだったり
フォークだと思った球がカットボールだったり、
梅野が受けていた時と変化球の質というか内容が
変わってきている気もします。
原口のリードによるものなのかな??

今日は藤浪に勝ちが付かなかったですが、
ここ最近の投球内容とは違うものが観れて
次回登板が楽しみになりました♪


そして原口ですが、
お絵描きしながらの配球クイズでも
なかなか答えがシンクロwしなくて、
それはそれで自分の勉強になるので嬉しいですwww
(因みに戸柱は答えがある程度シンクロしてるので、配球読めます…。)

で、、、原口の配球の『感じ』は読めないんですが、
ファウルを打たせてカウント稼げる場面が
もうちょっとあるような気がします。

勝負に行ってカウント悪くしているようなところがあるような??
打たせてストライクカウントやアウトを取ることは
これまでに原口がやっていた場面もあっただけに
それをもうちょっと活かしてもいい場面はあるのかなと思いました。

あと筒香の打席。
3打席目までの配球はほぼアウトコース。
勝負を逃げているのかと思ってデータを調べてみたら
ただ単に筒香がアウトコースが苦手なだけでしたwww

一発警戒の配球でもあるけど
そこをもうちょっと踏み込んで攻めて欲しいなぁと思っていたら
4打席目の8回(P髙橋)の決め球は
インストずばーーーん!で見逃し三振でした♡

データは重要ですが
そのなかでも
攻める姿勢が欲しいと思って観ていたなかでの配球になりました。




一方、、、、
打撃で気になったのは髙山。
注目したのは第3打席。
いつもの小汚いやつをどうぞ↓www


0513髙山



この打席の3球目のフォーク。
今までならほぼ100%バットが回ってる球だと思うんですが
バットは振りに行くも止めて見切ってるんですよね。

次の4打席目(8回井納)の初球フォークにも
バットを止めています。

これ、すごい成長したと思うんです。
前は1試合のなかで同じ攻められ方でやられていたし
低目の変化球にバットが空を切っていました。

今日見極めることができた様に
今後低目の変化球にバットが止まるようになれれば
相手バッテリーにとって嫌な打者になって行けるのではと思います。

因みに髙山がインコースに弱いと試合中に実況されていますが、
私見では低目…特にアウトローの変化球にやられている感が強いです。

今日の髙山は初めて3番に起用されましたが
チームの打順は日替わり。

何番で打つにしても
ウィークポイントを少なくして行き
『自分の球』を呼び込める様にする為のその一歩を
今日観れた気がしました。



明日は4月29日の再戦みたいな試合(^_^;)
投手戦になりそうな予感。
今永…いい投手だけど
前回同様に阪神から勝ち星はプレゼントしませんよ。。。 ̄ー ̄)ニヤリ






ポチして頂けると一気にヤル気スイッチがONになりますのでwww、
読んで良かったと思われる方はポチお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村
2016/05/13(金)00:25

今日一日…と言うか、
昨日記事(ブログ)を更新してからも
いろいろなスポーツ紙の記事を読み漁りました。

昨日のコリジョンルールが適用された場面を改めて考えてみましたが、
調べれば調べるほど
到底納得の行くものではなく
やるせない怒りがこみ上げるばかりでした。



とりあえず、コリジョンルールについて
ザックリとおさらい。

図解で分かり易い記事があったので
日刊スポーツ様より拝借させて頂きますm(_ _)m

s_コリジョンルールとは

私が昨日書いた記事の中では説明不足でしたが、
送球(バックホームされた球)を捕球するにあたり
やむをえなく走路上での捕球になってしまった場合でも
激しい接触は控えなければなりませんが、
それが故意に走路に入ったと判断されない限りは
コリジョンルールは適用されないわけです。

単に『捕球時にホームベース(走路)を跨いで捕球した』
=コリジョンルール適用
・・・というわけではありません。

原口が大和からの好返球を捕球するために取った一連の動作は
昨日書いた通りであり、
後ろに逸らさずに捕球する為に動いた結果が
ホームベースを跨ぐ格好になっただけ。

違反とみなされるか否かは
捕球時の体勢を取った時
…というか
バックホームされる球を野手が投げた瞬間から
注視しなければいけないルールなのかと思います。


杉永責任審判員がコリジョンを適用した理由を
「最初から走路に立っていた」と説明したようですが、
昨日ブログ記事を書く前に
録画していた中継番組(スカイA)を
何回もスロー再生と一時停止を繰り返しながら確認したし、
今だって
この記事を書く前に
同じ事を繰り返して確認しました。

でも、何回観たってそうは見えないんですよ、私には。

だから、
改めてプレーを審判団で検証してもらい、
その見解が知りたいんです。


さらには昨日(5/11)の楽天戦。
コリジョンルールを適用しても疑問に思わない様なプレーがありました。
(『プロ野球ニュース』を観ていた方は分かると思います。)
ビデオ判定で判定が覆りましたが
これはクロスプレーによるビデオ判定。
コリジョンの「コ」の字も出てこない判定。

こういう判定があった事に
渡辺さらにヒートアップwww

なんで、こんなにも判定に差が出るわけ???

新ルール適用元年だから曖昧な部分があるのは百も承知。
でも、
そこには審判の個人差はあってはならない事だと思うのです。

こんな事をしていては
選手を怪我から護るために適用したルールなのに、
言い方が物凄く悪いかもしれませんが、
陥れるルールになりかねないんじゃないですか?

『個人差』によるジャッジがなければ
そうは思いませんが、
たまたま同日(5/11)の試合でそういう場面があったので
そんなふうに思ってしまいました。


今日はFacebookの個人ページでも
幾つかスポーツ記事のシェアをしました。

自分自身で「私ってしつこいな〜www」とは思いましたが、
私が捕手が好きな事も勿論ありますが
何よりも野球が好きだから、、、です。

今回の事例は単に1試合の出来事ではなくて
日本プロ野球界に於いて
とても重要な事だと思うから。。。

それは実際にグラウンドにいる選手然り
観ている私達プロ野球ファンにとっても…です。

そのために
今回阪神球団から出された意見書に対しても
NPB(審判団)には球界全体の事と捉えて頂き、
真摯に対応して頂ける(詳細な説明を含む)事を願い、
何よりも個人差によるジャッジは無くして行って欲しいと思います。






【追記】

記事をアップした後で
見落としていた大事なニュースがありました(>_<)

「捕手が走路を塞がなくても捕球できた」という見解で
コリジョン適用したらしいですが、
原口の一連の動作は下記の項目に当てはまらないってこと??
下記ルールの一文(違反とみなされない場合)は、あって無いようなもの??

『捕手が送球を実際に守備しようとして走者の走路をふさぐ結果になった場合
(たとえば、送球の方向、軌道、バウンドに反応して動いたような場合)には、
本項に違反したとはみなされない。』

私が贔屓目で見過ぎなだけですか?
納得出来る見解ではないんですけど。。。







ポチして頂けると一気にヤル気スイッチがONになりますのでwww、
読んで良かったと思われる方はポチお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村
2016/05/11(水)23:23

5月11日 対讀賣戦

いや〜、、、貧打ですねぇ。。。(lll-ω-)ズーン
こういう時は我慢の観戦が続くわけですが
打線が沈みがちなのも
自分達からその状況に追い込んでいるような
悪循環を感じます。

開幕後、
打線に勢いがあった時は
ファーストストライクから積極的に打ちに行っていました。

試合後にお絵描きを確認してみたのですが
打者一巡するまでにファーストストライクを打ちに行ったのは
なんと、、、原口ひとりだけでした。

ファーストストライクに甘いコースはあまりなくて
ゾーンぎりぎりという球が多かったから
見逃してしまったのも事実ですが、
積極的に振って来ないから打線に怖さも感じないし
相手投手(田口)を楽にさせる事にも繋がっていた気がします。

結局スライダーを軸にして
けちょんけちょんです 柱|ω・)

打線に怖さが無く
同じ投手にやられているようでは
昨季までと一緒。

まだ暫く我慢かもしれないですが
そういう状況でも
「今年は違うんだよ!」というところを
魅せて欲しいものです。



さて、、、本日の渡辺は
お怒りでございます(ノ`□´)ノ⌒┻━┻

3回2アウト2塁
脇谷に投じた3球目は117キロのアウトローのカーブ。
それをセンター前に弾き返されました。

大和の本塁への送球がマウンド近くまで来た辺りでは
原口の左足はホームベース真ん中より若干3塁寄り。
それでも走路は空けていました。

ホームベースの2mくらい手前の3塁寄りのところで
ボールがワンバンするのに合わせて
それを捕球しようと原口が左足を引き
ホームベースをまたぐ格好になりました。

帰って来たボールを後ろに逸らさず獲るには
致し方無くベースをまたいだ格好になってしまいましたが
そのなかでも
なんとか「走路を空けなきゃ!」と
原口がしている様にも見えました。

で・・・
最初の判定はタッチアウト!

際どいプレーだった事もあり
当然のごとく由伸はんが
「ちょっと、ちょっと。それセーフじゃねぇ?」
って出て来て、、、ビデオ判定。

サクッとは結論が出なかったのか
ちょっと時間が掛かってから
今日の責任審判である杉永審判員より説明がありました。

「え〜、大変長らくお待たせ致しました。
 リプレイ映像を検証の結果
 コリジョンを適用してセーフとします。」

、、、、、って
おーーーーーーーい!!!
(ノ`□´)ノ⌒┻━┻

どこにどうコリジョンが適用されたのか
説明しなさいよ!

これですよ、これ!
また、、、ファンを置き去りにしましたね(−_−#)

そもそも
コリジョンルールを適用したのが
ベースをまたいでいたからなのか?
それとも捕球時に走路に入ってしまったのが故意とみなされたのか?
どっちなんじゃいっ!!!???

それを説明して欲しいわけですよ!!

キャンプ中の練習で同じ様な場面があったんですよね。
記事で書いています↓
【コリジョンルールに対応する為に…】

結局のところ
コリジョンルールに対する判定で
グレーゾーンはグレーゾーンのまま。。。

そういう判定(セーフ)がくだされたのなら仕方ない。
でも、何故そういう判定に至ったのかという事を
コリジョン適用元年なわけだし
ちゃんと説明するべきではないでしょうか?

このままでは
コリジョンルールがただ単に
野球をつまらなくするルールに成り下がりかねない
そんな気持ちになってしまいます。

ちゃんとした説明を!
ファンを置き去りにしないで欲しい!!






ポチして頂けると一気にヤル気スイッチがONになりますのでwww、
読んで良かったと思われる方はポチお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村
[判断理由は闇のなか。。。]の続きを読む
2016/05/09(月)04:15

5月8日 対ヤクルト戦
先発は能見
捕手は、、、原口でした。

岡﨑が組んでいたメッセと能見。
言い方悪いですが、
2人とも原口に奪われてしまいました。

原口に任せてみたいと思うからの起用なわけで
これも競争。

でも競争であるならば
先日昇格した坂本や
スタメンマスクをかぶる事なく降格した小宮山、
まだ今季一回も昇格していないベテラン鶴岡、、、
チャンスを与えることはやって欲しいと思います。



さて・・・・
今日は5月7日の7回にあったジャッジについて
ちょっと思う事があるので書いてみようと思います。

あの1プレーで試合の流れはガラッと変わってしまいました。
今更、「誤審だ!」という文句を書こうとしているわけではありません。

現状テレビでも鮮明なリプレー映像はすぐ観れるし
球場で観ているファンだって
目が肥えている人はたくさん居ると思います。

球審ともなれば審判のプロ中のプロとは言え
人間だから間違う事も当然あるでしょう。

でも今はそれを補える映像があるのだから
せめて得点に絡み抗議があった場合は
人間の目以外のものに頼ってもいいのではないでしょうか?

いちいちビデオ判定していたら審判の尊厳が損なわれる
…という意見もごもっともなんですが、
それは今回みたいな事があった時こそ
審判の尊厳が損なわれ
観ている野球ファンを
置き去りにする事になってしまうのではないでしょうか?

今回はフォースプレーでしたが
コリジョンルールに関しても
グレーゾーンはまだまだあると思います。

それは
監督が抗議する→ビデオ判定する→判定結果告知

結果だけで経過(どういうプレーだったのか)までは
十分に説明出来ていない(又はしていない)と思います。

金本監督が球審のところに行き
「フォースプレーはビデオ判定できない」というやりとりも
その場で球審から説明して欲しかったくらいです。

ここまで書いておきながら
なんでもかんでもビデオ判定すればいいのか?っていうのは
またそれも違うと思うし
難しい問題ではあるのですが。。。。

ファンがあってのプロ野球とよく言いますが
それなら・・・
私達を置き去りにするような事は
少なくして行って欲しいと願います。






ポチして頂けると一気にヤル気スイッチがONになりますのでwww、
読んで良かったと思われる方はポチお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村
プロフィール

渡辺翔子

Author:渡辺翔子
2010年に西宮にちょろっと住んでしまったが為に洗脳されw、
虎キチの仲間入りをしましたwww
最初は外野でワイワイやってるのが楽しかったのですが、
「野球(配球)が分かったら、もっと楽しめる筈」と思い、
日々勉強中。
野球経験が無いですが、バッティングセンターにも通って代打で出場する事を夢見るアホですwww

無償の愛で阪神タイガース応援中。
『脳内虎パラダイス♡』

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

 | とらみくすTOPへ |  Next
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。