2016/04/14(木)17:45

単純に『先発』としての結果の数字を見れば
抹消は納得行くのですが、
球児の投手としての状態を考えた時に
抹消レベルではないと私は思います。

いい球は投げていると思います。

先日の記事に
球児の事を書きながら
梅野の事も書きましたが、
今の球児を活かしきれなかったのは
梅野ではなくて
それを梅野に託してしまった首脳陣ではないかと・・・。

やはり球数が嵩むと厳しいし
経験を積んだ捕手のリードが大事なのかなと思います。


良くも悪くも先発が一枠空席になりました。
今のローテーション内でやりくりするのか
それともそのまま日曜日登板なら
中継ぎも継ぎ込めるので
新たな若手に託すのか。

後者であれば
ファームで好投している守屋の投球が見てみたいです。
もしかしたら1軍では苦戦するかもしれませんが、
それでも中継で観た時に
『上で投げているところを観てみたい』と思えたのは事実です。


球児に変わって登録された緒方は
一端下に落ちてからは
ライナーで一発を放り込んだりと
楽しみな部分が多いです。


『超変革』は始まったばかり。。。
いろいろと思うことがあっても
それを越えて行く楽しみがあります。

1試合雨で流れましたが
今日はどんな試合をしてくれるのか。
打線に勢いがついて来た横浜をいかに抑えられるか。
今日も楽しみです♪
まずは勝ち越しを!






ポチして頂けると一気にヤル気スイッチがONになりますのでwww、
読んで良かったと思われる方はポチお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村
2016/04/12(火)03:12

試合がなかった月曜日。
この記事が一番、目に留まりました。

<糖尿病>入園拒否 阪神・岩田投手「社会の理解不十分」

私は・・・
配球バカですがwww
それだけに注視しているわけではありません。

阪神というチームに居る選手・監督・コーチ・スタッフ…
その全てが私にとっては大切な存在で
家族の様な本当に大切な存在です。

だから厳しい事をブログで書く事はあっても
必ずそこには「それでも次こそは頑張って欲しい」という
愛を持って書いているつもりです。

私がブログ師匠と呼んでいる人達にも
その愛が感じられるから
そういう記事を書きたいと思い
尊敬しているわけです。


話を戻して岩田の記事。
実は1年前にも同じテーマで記事を書いています。
岩田の健気さの裏にある強い意志

でも、今日のニュースを読んで悲しくなりました。
正直な感想は
知ろう(理解しよう)ともしていない姿勢、
単純に
他の子と違う=手が掛かる→だから拒否する…
という風に見えました。


この記事を書く前に
自分のFacebookでも記事をシェアしました。

そこにコメントを書いてくださった
実際にその問題に直面した虎友先生のお言葉。

「今はもう僕の手を離れ
 紹介した専門医の方に看てもらってるちびっ子がいますが、
 インスリン注射をしながら元気に登校してます。
 給食や校外実習や遠足や修学旅行など問題山積みでした。
 校長、教頭、担任、養護の先生を巻き込み時間かかりました。
 知らない事、知る術、知らせる術が無い事には怒り、
 打ちのめされましたが
 ちびっ子の笑顔を見る事で癒されました。」

このコメントを読んで、、、泣きました。。。

病気の事をまず知って貰う事は
本当に大事な事なんだけど、
それでも越えて行かなきゃいけない問題は山積みなわけで。。。

それでも、
その子の『笑顔』や
岩田本人が病気の事を『個性』と言えるまでになった事に
今回記事にした答えが有ると思い、
その環境作りが大切なんだと思いました。

『その人を理解しようとする努力』

その先にはそれ以上の努力と挫折の繰り返しかもしれませんし、
実際にそこに直面した事がない私が
知った様な事を書きやがって…
というお叱りもあるかもしれませんが、
『知るキッカケと理解しようとする努力』は
岩田投手と虎友さん達が
私に教えてくれた、とても貴重な財産です。


岩田投手が「粘りのピッチング」とよく言いますが
彼自身のこれまでの人生が反映されている言葉なのかな?
と、思ったりもします。

粘って・・・
岩田投手と患者様達に
その先に明るい未来がありますように…☆彡

私自身も粘りと理解する努力を持って
これからも応援したいと思います(^-^)/






ポチして頂けると一気にヤル気スイッチがONになりますのでwww、
読んで良かったと思われる方はポチお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村
2016/04/11(月)00:17

試合をテレビ観戦している時は
相手バッテリーも含め
全部の球の配球を書きながら観ています。
この事を『お絵描き』と、このブログでは書いています(^_^;)

野球(ソフトボールも)をやった事ないド素人の私が
配球なんぞに興味を持ってしまったが故
それが勉強する(配球を知る)為の手段だと思ったからです。

ブログを始めたのも
記事の更新を重ねて行く度に
自分の成長が分かればいいかなぁという理由があってのものでした。

いつも偉そうに記事を書いていますが
ぶっちゃけ配球の事は今でも分かりませんwww

でも、お絵描きしながら
「次の球(球種・コース)はなんだろう?
 どうやって攻めて行くんだろう?」
という『配球予想クイズ』をして
お絵描きする事によって
配球以外にも投手の調子とか
見えてくるようになった事がたくさんあります。

相手バッテリーも含め
配球予想クイズの私の答えが
お絵描きを始めた当初は外しまくっていたwのが
だんだん答えがバッテリーと一致する事も多くなってきました。

でも、、、ここ数日モヤモヤしてまして。。。

試合を観て
お絵描きしたら
ブログを更新してきましたが、
昨日の試合(4月9日)はお絵描きしたけど更新はしませんでした。
それはモヤモヤしていたから。。。(−_−;)

「お前のそのモヤモヤってなんやねーーーーん(ノ`□´)ノ⌒┻━┻」
と、つっこまれそうですが…w

たまたまなんですけど
岡﨑がスタメンマスクの試合よりも
梅野がスタメンマスクの試合のほうが観れる機会が多く、
昨季に比べて梅野が成長したと思いながら
お絵描きしていました。

でも・・・
それはあくまで
先発投手の調子がいい時のリードが
普通に出来る様になっただけなのかな?と…。
球数が増えて調子が落ちてきた時や
最初からバッドコンディションな投手
中継ぎ以降の投手、
それを梅野がまだうまくリード出来ていないのでは?と思います。

そう思った時に
「じゃあ、そういう投手をどうやってリードするのか?」
と考えてみた時に分からなくなり、
モヤモヤしているわけです。。。(lll-ω-)ズーン
配球勉強の成長過程で壁にぶち当たっています(T_T)

私の配球師匠である虎心不動さんも言っていましたが
投手がバッドコンディションの時にいかにリード出来るか
捕手の真価が問われるのはそういうところ。。。


そんな事を考え
モヤモヤしながら今日の試合を観ていました。

4月10日 対広島戦
先発は球児と梅野のバッテリー。
実はここまでのこのバッテリーの2試合、観れていません。
でも最初の試合とか
球数が嵩んでいた事が気になっていました。

今日の球児の第1球目。ストレート。
全盛期に比べて球速は落ちているものの
それでもあのストレートは私が宜野座で見てビックリした
球児のストレートだと思います。

初回1番田中に対して
梅野がどうリードしたいかがあまり分からないまま
ファウルで粘られ9球目に四球。
その後エルドレッドにも6球目で四球。
初回だけで27球も要してしまいました。

その後のイニングはそれなりの球数ですが
今の球児にとって初回の27球は結構しんどいと思います。

今日観ていて思いましたが
球児には配球で裏をかける捕手のほうがいいのでは?
「うわ〜、そう来る(攻める)か〜」と
意表をつけることをする捕手。
それができれば
今の球児を楽に投げさせてあげられるのでは?と思ってみたり。。。

因みに私はまだ裏は読めませんw
「くぅぅぅぅぅーーー」と唸るだけです(爆)www

あと、配球が単調になってしまう場面もありました。
5回エルドレッドに2点タイムリーを打たれた打席の配球は
まさにそれだったと思います。

今後も球児と梅野を組ませて
梅野が巧くリードしていって欲しいと願うよりも、
梅野には1試合マスクをかぶり続ける中での成長を願い
球児には別の捕手と組む事を私は望みます。


最後に今日の試合で一番良かったと思うプレイを…。

9回先頭打者の江越、気合いのヘッスラ!
やられっぱなしで終わらせない
なんとか自分が塁に出てチャンスを作るという
気持ちが前面に出たプレイ。
あのプレイがあったからこその9回の猛攻3得点。
カードが一巡する最後の試合で初の負け越しだけど
「気持ちで負けない」っていう
一番大切なものを見せて貰いました!

江越に限らず
そういう気持ち、プレイを
これからも出して行って欲しいと思います(^-^)/






ポチして頂けると一気にヤル気スイッチがONになりますのでwww、
読んで良かったと思われる方はポチお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村
2016/04/08(金)12:46

4月7日 対讀賣戦
讀賣先発バッテリーは
3年目プロ初先発となった平良と小林。

昨日はアプリでの観戦だったので
記事を書く気はなかったのですが
どうしてもメッセのタイムリーの打席が気になり
朝起きてから録画を観て…の感想です。

4回メッセンジャーの打席だけ
お絵描きしました。
(球種:st=ストレート、Cut=カットボール、SL=スライダー
 カウント:F=ファウル)
※画像クリックで全部見れます。

0407ランディー


まぁ、見事な外一辺倒www
アウトローのゾーンいっぱいのところはファウルで粘っています。
それが8球目はちょっとだけ内に構えた小林。
外をファウルで粘っているのに
同じ様なコースで内にストレートが入って来たら
そりゃ打ちますよwww
もちろん打ったメッセンジャーもさすがです。

この打席だけ録画を確認するつもりでしたが、
ここから1打席ずつ遡って見てみたら
鳥谷、西岡、岡﨑の打席も外一辺倒www
鳥谷の打席の5球目だけインコースに要求していますが
あれこそ『ガサツなインコース』だと思いますw

因みにここまで極端ではなかったですが
1年前の梅野も似た様な事をしていました。
2戦目の菅野みたいに投手が絶好調では無い限り
大量得点が取れるリードだと思います。
(昨季序盤、梅野も大量失点していました(^_^;))

讀賣が小林を正捕手に据えてくれるなら
ちょっとラッキーかも ̄ー ̄)ニヤリ
個人的には横浜のルーキー戸柱のほうが
小林よりもいいリードをしていると思いますw

こうやって振り返ってみると
梅野の努力が改めて分かったりもします。



気持ち良く勝ち越して
今日から広島を迎えての今季初甲子園。
打撃好調の貴浩。
このカードでの2000本安打達成は無いと思うけど
あったらあったで(相当打たれるって事だけどw)
大好きな選手だし嬉しいかなぁ(^_^;)






ポチして頂けると一気にヤル気スイッチがONになりますのでwww、
読んで良かったと思われる方はポチお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村
2016/04/07(木)02:20

4月6日 対讀賣戦
讀賣先発は菅野ー小林のバッテリー。

今日は虎を猫にされてしまいました(lll-ω-)ズーン
それくらい菅野が圧巻の好投。

新球種であるワンシーム。
あれ、厄介ですね(; ̄O ̄)
あのワンシームがある事で
スライダー・カットボールが活き
逆もまた然り。

それでいてストレートは150キロ前後で
伸びもあって空振りが取れる球。

今日は白旗振りました(小声)。

ただ・・・
小林に配球で巧く攻められた感じは
全くしなかったのも事実www
…と思った時に
これから何度も対戦するであろう菅野に
「どこか穴はないのかなぁ…」と
今日のお絵描きを眺めてみました。


穴・・・・

無いかもwww


いや、、、無きにしもあらず。。。かな?
あくまで私見です。
ポイントはヘイグの1、2打席目と
福留の1、2打席目。

ヘイグは菅野と初対戦なので
「スガノサン、ダレデスカ〜?」状態w
一方福留は昨季
15打数9安打 三振0 打率.600
菅野に対して一番打っていた打者。
それが今日は4タコ。。。

ヘイグの1、2打席目→ともに初球を中安打。
福留の1、2打席目→フルカウントまで勝負するも、アウト1つ献上。

以前の記事で
「ファーストストライクを積極的に打ちに行く意味は
 相手バッテリーに勝負に持ち込まれる前に
 先手を打つという事」
…と書きました。

バッテリーに勝負をさせなかったヘイグと
勝負をさせてしまった福留。
因みに2打席ともに福留は
ファーストストライクを見逃しています。

他の打者でも
ファーストストライクを見逃していた場面がありました。

勝負に持ち込まれたら
ワンシームとスライダー・カットボールのコンビネーションで
勝負に持ち込まれてしまいます。
菅野に対しては
粘り勝ちや球数を投げさせて崩せる…
そういう投手ではないと思います。

崩せるとしたら
新たな武器のワンシームを使って勝負に持ち込まれる前に
早いカウントで勝負を仕掛けに行く事。
一概にそれがいいとは言えないかもしれませんが
私はそう思いました。

あとは狙い球を何に絞るかは
太田スコアラーと球団に任せますwww( ̄^ ̄)ゞ

そう言えば…
カーブを数球使っていましたが
実は全部打席の初球でしか使っていませんw
たぶん小林が1打席の配球のなかで
まだうまくカーブを使えないんじゃないかな(^_^;)
…と思ってみたりして。。。

『超変革』と掲げるなら
シーズン通して「やられっぱなしの投手」は
無くして行って欲しいです。

明日の讀賣先発は平良。
初めまして…な投手ですかね。

トルネードでスリークオーターの右投手。
ストレートが最速147キロ
持ち球は
スライダー・カットボール・フォーク・ツーシーム・シュート
打たせて取る投手らしいです。

YouTubeでチラッと平良の投球を観ましたが
また明日も
スライダー系とシュート系のコンビネーションを使うのかなぁ?
…にしても、配球で攻められるという事は
捕手が小林なら
そこまでではないと思います。

初物を苦手にしない為にも
積極的な姿勢を貫いて欲しいと思います。


最後に今日の梅野を少しだけ。
5回3番坂本に対しての6球目(空振り)。
決め球をインロー/スライダーにした配球。
私の配球予想クイズwとも同じだったからなのかもしれませんが、
あの配球…好きです(*´ω`*)♡

ただ・・・
先発投手は巧くリードをするようになってきたと思うのですが
中継ぎ以降の投手を巧くリード出来ているかと言ったら
「うーん…(^_^;)」という印象です。。。
(」°ロ°)」< 頑張れ梅野!

あ・・・明日は岡﨑かwww


とにかく勝って、
阪神園芸さんが最高の状態に仕上げてくれている今季初の甲子園へ
気持ち良く還れたらと思います(^-^)/







ポチして頂けると一気にヤル気スイッチがONになりますのでwww、
読んで良かったと思われる方はポチお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村
2016/04/06(水)02:21

「ここでは絶対に負けない」という気持ちを持って迎えた
今季初の伝統の一戦。
4月5日 対讀賣@東京ドーム。

讀賣先発はポレダ。
昨季、阪神を虎から猫にさせた投手の一人です(^_^;)

今日の昼間の話ですが
ひとつの記事に目が行きました。
前日の最終調整をしたポレダのコメントが載った記事。
「何となく抑えられるイメージがある。
 いつもと変わらず投げるよ。」

この記事について私がツイートしたのがコレ↓

s_ポレダtwitter


『超変革』している阪神を知らないわけですねw
まさにそんな試合展開になりました。


初回髙山。
オールストレートでコースは散らしていますが
ゾーンに来た球はファウルにしながら6球目を左安打。
続く2番横田、3番ヘイグの打席の初球は
ストレートでカウントを取りに行っているところがあったので
福留の先制中安打(初球ストレート)は
読み勝ちだったと思います。

2回はあえなく三凡でしたが、3回。
先頭打者、藤浪。
オールストレートで来た4球目を右安打。
続く髙山も右安打。
シングルヒットコースでしたが、藤浪は3塁へ!
そうだった!足速かったんですよね、藤浪w
春季キャンプのリレーで
追い越された上本がビックリΣ(゜д゜lll)するくらいの俊足www
横田が投安打の間に藤浪生還。
ヘイグが四球で歩いて福留が右犠飛で3点目を奪った後
ゴメスの打席。
8球目で仕掛けて来ました!
ゴメスは空振り三振でしたが
ヘイグが1塁を離れ巧く小林を誘い
小林が二盗阻止する為に送球した瞬間に
横田がスタートを切り本塁生還!!
ダブルスチールです\(^o^)/

その後6回には
ゴメスが四球で出塁してからの二盗成功Σ(・ω・ノ)ノ
金本監督は「勝手に走ったwww」と言っていましたが
足を使っていく攻撃のなかで
選手全員が常に
『先の塁へ』『全力疾走』というものをやってきたからこそ
今日の攻撃が出来たわけで、
併殺打が少ないのも金本監督の影響だと思います。

足を使った攻撃で見事ポレダ攻略…ですが、
それと同じくらい大事だと思った事、それが、、、

『強く振ること』です。

強く振れれば内野ゴロでも打球は強くなる。
全力疾走すれば、それが内野安打になる。
2番にいる横田がまさにそうですが、
3回の横田と6回の西岡…
この2人がタイムリー内野安打で2点取っています。

上記の事が出来ていなければ
この2点は無く
8回藤浪が満塁を迎えた時に
もっと厳しい状況に立たされていたかもしれません。
実はとても大きい2点だったと思います。

足を使う攻撃をするにはまず出塁が必須ですが
『強く振ること』は
その前段階で相手先発を崩す為の第一歩。

今日のポレダはストレートの抜け球も目立ったので
絶好調ではなかったと思いますが、
ゾーンに来た球は強く振る…
それが功を奏した結果だと思います。


さて・・・
今日の阪神先発バッテリーは藤浪と梅野。
前回のこのバッテリーの試合の印象は
「なんとか躱しただけ…」(^_^;)
だから今日このバッテリーがどういう試合をするのか
とても興味深く観ていました。

1回、1番長野〜4番ギャレットまでの全7球オールストレート。
その7球目(ギャレット3球目)をタイムリーにされてしまいましたが、
梅野の要求通りに投げられた球は
ギャレットの2球目(見逃し)だけで
他は抜け球だったり
ちょっとズレたりしていました。
タイムリーになった球も
インコース要求がちょっと甘く入り打たれた球…(lll-ω-)ズーン

それ以降は要所でストレートやフォーク
後半はスライダーを使いながらも
カットボールを中心とした攻め方。

前回同様に変化球の割合が凄い多い…のですが
前回と違うところ。
『バッテリーの意図が見える』
違う言い方をすれば
梅野がやろうとしている事が分かります。

実は最近梅野の配球、見てて面白いんですよね。
頑張って勉強した成長の証が見えるから。

去年まで私も酷評したし(^_^;)
「梅野の配球が…(イマイチ)」という記事も
何度も目にしました。

ぶっちゃけると・・・
アウトコースは簡単に行って打たれるw
インコースの使い方がガサツwww

でも今はそんな梅野では全くない。
すごい化ける予感さえします。

今日の藤浪は6回まで74球
被安打3 奪三振9

7回は2三振を奪うも
ギャレットに放り込まれるかと思う中フライと
堂上に一発を喰らっています。
7回投げ終えて91球。
完投ペースでしたが
ギャレットや堂上に打たれた球、
何よりも村田の4、5球目が気になりました。
球が抜け始めている。。。柱|ω・)

打順の巡りで8回続投になりましたが
私は失点覚悟で観ていました(^_^;)

やっぱりその8回は
抜け球だったり引っ掛けてしまったりと
それまでの投球とは違うものになってしまい
2アウト満塁で4番ギャレット((((;゜Д゜)))))))

いつもの小汚い配球図はいろいろ書き過ぎて
本当に小汚くなって見辛いのでwww
今日はYahoo!一球速報様から画像をお借り致しますm(_ _)m

0405ギャレット


初球、梅野の要求はアウトローでしたが
逆球になりながらも空振り。

2球目のフォークで2ストライクに追い込みたかったのですが
バットが止まり、ボール。

そして…3球目のインコース。
「よく行った!(要求した♡)」と思いました。
昨季までやっていた『ガサツなインコースw』ではなく
攻めるインコース。
しかもこのコースでこの球種なら
相当甘くなるか抜け球にならない限り
大きな痛手にはならないと思ったし
逆球だったけど初球で空振りを取れたから
要求できたのだと思います。
→空振りで2ストライク。

4、5球目はゾーンから外れていますが
要求はいずれもアウトロー。
それが抜け球になっています。

6球目。
スライダーかなぁ?と思いましたが
カットボールなんですかね(^_^;)
先日の岩貞ー梅野のバッテリーの様に
このバッテリーにもいい関係が築けているなぁと思えた
渾身の一球でした!

藤浪がまた完投まであと一歩の惜しいところでしたが
「自分が投げて試合を作り、チームの勝利に貢献する」
というその役割は十二分に果たしています。

8回114球 
被安打6 本塁打1 奪三振12 与四死球1 失点(自責)2

四球の数が少なかったのも
8回に藤浪の調子が下がった時に
無失点で切り抜けられたのも
(もちろん藤浪の実力もありますが)
梅野の功績は大きいと思います。


明日の先発は岩田。
バッテリーを組むのはおそらく梅野。
また明日の試合を楽しみにしたいと思います(^-^)/♪






ポチして頂けると一気にヤル気スイッチがONになりますのでwww、
読んで良かったと思われる方はポチお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村
[『超変革』の基本を忠実に…]の続きを読む
2016/04/02(土)19:33

4月2日 対DeNA戦。
先発バッテリーは岩貞と梅野。

・・・と、その前に。。。

横浜のルーキーで
スタメンを掴んだ戸柱の事が気になっていました。
昨季、高城・黒羽根・嶺井が頑張っていましたが
その3人を差し置いて
開幕からスタメンマスクをかぶり続けるルーキー。

昨日の試合、
その戸柱のリードを見ていて
スタメンを勝ち取った訳が分かりました。
ちゃんと組み立ててリードが出来ている。
しかも巧い(小声)。

オープン戦はベンチから配球のサインが出ていた様ですが
今は観ている限りだと
自分で考えてリードしている様に見えます。

でも今日戸柱のリードで気になったのは9回。

先発久保に代わって2番手に右の平田が登板。
西岡ー左安打
梅野ーバント成功
狩野ー死球
1アウト1、2塁で3番手に左の福地。
ここから対右打者(ヘイグ、ゴメス)にはインコースも要求するんですが
対左打者にはアウトコース一辺倒。
逃げている様に私には見えたし
それがあまりいい結果を生まない事もあるアウトコース一辺倒。
(髙山がダメ押しタイムリー)

・・・で、そんなリードを昨季までする事もあった梅野。
まぁ、、、藤井さんを先生にしているんだろうなぁと
分かるようなリードが多々ありました。
今季のリードの先生は岡﨑なのかなぁと思いながら
今日も観ていたんですが
そうではありませんでした。

球数は要しながらも自分のリードをして来ている。
しかも結構強気www
博打な部分はあるかと思います。
でもそれが裏目に出ず
いい結果をもたらしてくれたなら
投手もノセて行けるようなリード。

その象徴が戸柱の
1打席目(2回裏)と
2打席目(4回裏2アウト満塁)。

2打席とも三球三振でしたが
いずれもコースはストレート中心でアウトハイ。

逃げのアウトコースではなく
岩貞のストレートが走っていて
それが使えるとバッテリー間で信じたからこその配球。

結局岩貞は7回108球
被安打4 奪三振12 与四死球1

3回投げ終えて49球だったので
ちょっと球数が多いかな?と思ったりもしたのですが
気にすべきところはそんな事ではありませんでした。

岩貞は梅野のリードを信じて
梅野は岩貞のベストピッチを引き出す。

いつも1打席のなかでの配球を気にして見てしまいますが
今日はそんな事よりも
試合全体を見返してみた時に
岩貞と梅野の信頼関係というものがわかり
バッテリーの大切な事を見せて貰いました(^-^)/♪

私も球数とか配球とかに拘らず見て行かなきゃいけないなぁと
勉強になった試合でした。

岩貞の好投と
梅野のナイスリード

将来を担うバッテリー
次も頼みますよ ̄ー ̄)ニヤリ






ポチして頂けると一気にヤル気スイッチがONになりますのでwww、
読んで良かったと思われる方はポチお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村
2016/04/01(金)11:30

3月31日 対ヤクルト戦
・・・の前に、
昼間行われていたファームの試合
対SB(ソフトバンク)戦の感想から。

SB先発は東浜ー細川のバッテリー。
対する阪神は守屋ー小宮山のバッテリー。

今日のスタメン1、2番は俊介、坂。
ここ1〜2年は
守備固めや代打の神様wが出る前での代打起用が多かった2人。
個人的な印象では
坂なんか特に
しぶとく打ってくれるんじゃないかと期待できる打撃だったのですが
今日はそんな印象はどこへやら…な感じでした。。。
俊介も坂も打席に立った時の怖さが無い…
そんな印象を受けました。

先発バッテリーの守屋と小宮山。
守屋の球に速さは無いものの
右打者にはスライダー
左打者には外に逃げていくシンカー(?)を決め球にして
6回を無失点。
好投&ナイスリードでした!
小宮山は打撃でも3打数2安打、1四球。
ファームに居るのがもったいないくらいですが
問題はきっと『アレ』だと思います(^_^;)
(今日は無かったですw)

0−0で均衡したまま迎えた9回裏。
抑えは石崎(捕手は7回から鶴岡)。
ここまでの6試合で防御率1.50。
ストレート中心でしたが
その中でも右打者に対して決め球に出来ると思ったのがスライダー。
・・・なんですが
ストレートを連打されて
2アウト1、3塁サヨナラのピンチ。
最後の打者(誰だったっけなぁw)にもストレート勝負。
ファウルで粘っていましたが
ストレートでタイミング合っていたんですよね。
右打者だったから決め球でスライダーが使えた筈。
なのに…ゴリ押しストレートを打たれてサヨナラ負け(T_T)
なんで鶴岡はストレート勝負したんだろう?
ストレートで勝負出来る投手になって欲しいから?
石崎の将来を考えて…なのかなぁ?
うーむ・・・分かりませんw
勝負としては「負け」の配球(だと思う)
将来を見据えてなら・・・有り…なのか(^_^;)?




さて…話は1軍、対ヤクルト戦。
長かったーーー。
ぶっちゃけ、疲れたー(; ̄O ̄)
でも私よりも
その場で戦っていた選手や
最後まで球場で応援していた同志(ファン)のほうが
もっと疲れている筈。。。
ありがとうございました!
そして、お疲れ様でしたm(_ _)m

先発はメッセンジャー…でしたっけ?www
先頭打者でプロ初の髙山のホームランもあったような…
なんて…遠い目をしてしまうような
長い長い試合になりました。

結果は延長12回引き分け。
ビジターでここまで戦ったら
私は『勝ち』だと思っています。

書きたい事はいっぱいあるけど
捕手好きなので
バッテリーの事を書きたいと思います。

まず
先発はメッセンジャーと岡﨑のバッテリー。

岡﨑は
ストレートでゾーンの厳しいところを狙ってストライクを取り
そこが出来てから組み立てをして行くような配球。
もしくは決め球でそれを使おうとしていたり。。。
でも、これが前回のメッセと組んだ開幕戦もそうでしたが
厳しいところを攻めるが故
それがストライクにならなかった時に
バッテリー自ら首を締めてしまう様な配球。
初回川端に出した四球も、まさにそれだと思います。

ただ、、、今日の試合で前回と違ったのは・・・
カーブの使い所。
岡﨑の背後にうっすら藤井さんが見えましたwww

藤井さんの2ストライクから外に外す球とか
はっきり言って嫌いだったけどwww
でも、カーブの使い所は
とっても巧妙で繊細だったと思います。
メッセンジャーが奪三振でタイトルを取れたのも
あのカーブの使い方が巧かったのが関係していると思います。

まだ岡﨑とメッセンジャーのバッテリーが
そこまでの域には達していないけど
恐らくメッセンジャーがどの捕手と組んでも
鍵になり助けてくれる(楽にしてくれる)球は
カーブなのではと思います。

今日はそこまでストレートが走っていませんでしたが
本調子になれば
速球派のメッセンジャーにとって
ストレートがカーブを活かし
カーブがストレートを活かす…、
単純な事かもしれませんが
単純だからこそ
カーブの使い方が大事になってくるのかと思います。


で・・・メッセンジャーには他にも使える球種がありますが
本当に単純だからこそ難しいのがマテオ。
基本的にストレートとスライダー。
9回からマウンドに上がり
川端・山田・畠山をスライダーで三者連続空振り三振。
スライダー、キレていました!

でもその後打席にも立ちました。
打席に立たせてでも
次イニングを任せたい首脳陣の想いも分かりました。
打席に立ってるだけでいいんだよ…と思ったのですが
思いの外、打席でマテオが頑張っちゃった(爆)www
フルカウントまで粘るとは予想外www

その後の投球
決め球であるスライダーのキレがイマイチになった時
厳しくなりました。。。(lll-ω-)ズーン

3イニングス目になって打者一巡して
ストレートとキレが甘いスライダーだけでは
どうしても手詰まりになってしまい
スライダーを捉えられたら終わってしまうと思った矢先、
川端に同点にされたのがまさにそうでした。

超変革首脳陣にとって
高宮以降の中継ぎ起用の難しさを痛感したのではと思います。

12回に代打で梅野。
その裏の守備がちょっと不安でした((((;゜Д゜)))))))
点と点が線で繋がらない…
梅野の模索中のリードを危惧してしまったから。。。
そんな不安な中でも
ここを抑えて自信に繋げて欲しいという想いもありました。

2アウト1塁で最後の坂口の打席。
今日はYahoo!一球速報様から画像拝借致しますm(_ _)m

0331坂口


2球目がインコースに入っていますが、これは逆球です。
3〜5球目
要求していたのがカット・スライダーという事もありアウトコース。
6球目以降
ボール球でいいから
こういう場面で
インコースに要求する勇気を持って欲しいと思いながら観ていました。
甘く入ったら終わりなインコース。
でも・・・7球目にインコース要求!
結果逆球でしたが
このリードが梅野を成長させてくれるのではないかと
私は思います。
ナイスリードでした\(^o^)/


今季初の延長戦。
捕手2人制って結構窮屈だなぁ…と思ってしまいました。
どうしても今成にしろ梅野にしろ
出しどころが粘った後になってしまうなぁと。。。
逆に言えば
保険でベンチに置く3人目の捕手は要らないっていう
捕手を育てる(決める)覚悟の表れなのかもしれませんが。。。






ポチして頂けると一気にヤル気スイッチがONになりますのでwww、
読んで良かったと思われる方はポチお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村
プロフィール

渡辺翔子

Author:渡辺翔子
2010年に西宮にちょろっと住んでしまったが為に洗脳されw、
虎キチの仲間入りをしましたwww
最初は外野でワイワイやってるのが楽しかったのですが、
「野球(配球)が分かったら、もっと楽しめる筈」と思い、
日々勉強中。
野球経験が無いですが、バッティングセンターにも通って代打で出場する事を夢見るアホですwww

無償の愛で阪神タイガース応援中。
『脳内虎パラダイス♡』

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

Before  | とらみくすTOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX